アクティブニュース

全てみる

夜更けまで神楽太鼓の音が響く(山県郡大朝町)

[町内の神楽団が日頃の練習の成果を披露し、新舞、旧舞それぞれに技を競う]

地域イベント

なし

新旧の舞いを堪能できる盛大な神楽大会

 広島県芸北地域では、広く大衆に溶け込んだ民俗芸能として神楽が盛んです。山県郡大朝町もそのひとつ。同町で神楽が始まったのは江戸末期といわれ、現在、古くからの伝統を受け継ぐ17の神楽団が日々意欲的な活動を繰り広げています。同町における神楽は石見神楽(旧舞)と高田神楽(新舞)と呼ばれる二つの流れがあり、同町の大朝町商工会青年部ではそれぞれの伝統を等しく継承し、地域振興の一翼を担うことなどを目的に毎年秋、「大朝町神楽競演大会」を開催しています。今年で39回目を数える伝統の神楽大会で、今年も11月2日(土)に同町の大朝町中学校体育館で、新旧の舞いの競演が華麗に繰り広げられます。

 神楽団には世代や職業を超えたさまざまな人々が参加し、各地元の奉納神楽や伝統芸能継承のために日夜練習を積んでいます。秋の神社奉納をはじめ、神楽はいろいろなイベント時などに舞われますが、とくに同大会は各神楽団が日ごろの練習の成果を競い合い、深夜遅くまで太鼓の音が町中に響く盛大な催しとして知られています。同町からは今回、10の神楽団が出場。特別出演として、3年前に発足した同郡芸北町の雲月女性神楽同好会、しばらくの休団を経て平成11年に活動を再開した広島市佐伯区の高井神楽団の2団体がこれに加わり、計12団体がそれぞれ自慢の腕前を披露します。各神楽団ともに厳しい鍛錬と研鑚を積んでおり、伝統に培われた神楽が存分に堪能できるものと早くも期待が寄せられています。入場料は無料です。みなさんもご覧になってみてはいかがでしょうか。なお、お出かけの際は夜がたいへん冷え込みますので暖かくしてお出かけください。開場午後4時、開演午後5時。

●お問い合わせ/大朝町商工会 TEL(0826)82-2576

出演団体および大会スケジュール

・17:10~ 特別(旧)「潮 祓」(筏津神楽団)
・17:30~ 競演(新)「山 姥」(大塚神楽団)
・18:10~ 競演(旧)「塵 倫」(郷之崎神楽団)
・18:50~ 競演(旧)「天の岩戸」(朝間神楽団)
・19:30~ 競演(新)「悪狐伝」(田原神楽団)
・20:10~ 競演(旧)「八 幡」(小枝神楽団)
・20:50~ 特別出演 「胴の口開け」(雲月女性神楽同好会、芸北町)
・21:20~  来賓祝辞
・21:40~ 競演(旧)「鈴鹿山」(筏津神楽団)
・22:20~ 競演(新)「羅生門」(富士神楽団)
・23:00~ 競演(旧)「塵 倫」(小市馬神楽団)
・23:40~ 競演(旧)「八 幡」(磐戸神楽団)
・24:20~ 特別出演 「帯中津彦命」(高井神楽団、広島市佐伯区)

このサイトを広める