アクティブニュース

全てみる

新鮮な海の幸盛りだくさん(沼隈郡内海町)

[地域産業を掘り起こして、小さな町の魅力を島外の人々にPRする]

地域イベント

なし

マグロ解体ショーはイベントの目玉のひとつ

 波静かで風光明媚な瀬戸内海のほぼ中央。広島県の東南部、沼隈半島の沖合い約50mに浮かぶ田島、横島の2つの島からなる、周囲約30kmの小さな町、沼隈郡内海町。水産環境と水質資源に恵まれた漁業の盛んな町で、同町ではこれらの地域資源を掘り起こすとともに、交流人口を増やして島の活性化をはかろうと毎年10月の第2日曜日、「内海ふれあいフェスティバル」を開催しています。近海でとれた活魚や海産物、加工品の販売を中心に、同町の産業にちなんだ各種催しを繰り広げるイベントで、新鮮格安な海の幸を求め、近隣市町村からも多くの人が訪れ、毎年約3,000人近くの人出を集めてにぎわっています。地場産業をつうじてふるさとの魅力を再発見できる、この同町恒例のふれあいフェスティバルが今年も今月13日(日)、同町田島の内海ふれあいホール・イベント広場において開催されます。

 当日イベントは、午前10時からスタート。オープニングセレモニーに引き続き、和太鼓の演奏や、地元保育所の園児らによるちびっ子太鼓の演奏などが行われます。その後、特設ステージでゲストを招いての各種ステージイベントが繰り広げられた後、イベントの目玉のひとつ、職人が巨大マグロをさばくマグロ解体ショーがスタート。その間、イベント広場では、直径4mの水槽の中で魚を網ですくう魚すくいコーナー、アサリつかみ取りコーナー、町内の商店や各種団体による活魚、特産品などの安売りも行われ、商工会女性部も鯛やアジ、タコ、カニなどの新鮮な魚介類を素材にしたシーフードバーベキューコーナーを出店。また、青年部員もこれに負けじとアサリのみそ汁などを用意して、訪れる人々をもてなします。午後からはカラオケ大会、大道芸などのステージイベントが開かれて、お楽しみ抽選会、もちまきなどでイベントはフィナーレを迎えます。みなさんもこの機会に、風さわやかな内海町へ出かけてみませんか。

●お問い合わせ/内海町商工会 TEL(084)986-2240
●お問い合わせ/内海町観光協会 TEL(084)986-3111

このサイトを広める