アクティブニュース

全てみる

伝統の舞の華麗な競演(高田郡高宮町)

[30回目の記念大会を迎え、神楽スクリーンの設置など青年部も心血注ぐ]

地域イベント

なし

青年部による一大イベント

 県内で最も神楽が盛んな場所の一つとして知られる高田郡高宮町。現在、同町では6つの神楽団が郷土の伝統を受け継いで、県内外で精力的な活動を行っています。各神楽団はいずれも上演可能な古典神楽の演目として12曲以上を保持するなど、レベルの高いことでも知られ、うち2団体は演目指定、4団体は古典神楽保持団体として県の無形民族文化財の指定を受けています。同町では毎年6月、郷土が誇る神楽文化の伝承と保存を目的に「高宮神楽公演大会」、10月には「高宮神楽まつり」が盛大に開催されており、今月12日(土)に今年で第30回目の記念大会を迎える高宮神楽まつりが、同町佐々部の高宮ハーモニー広場特設会場(高宮町役場隣)で開催されます。

 この神楽まつりは、高宮町商工会青年部が主催する同町の一大イベントであり、例年、町内6つの団体にゲスト出演1団体を加えて行われるものですが、とくに今年は30回の記念大会ということで6つの団体がそれぞれ得意の2演目を上演。自慢の舞いを華麗に繰り広げます。また、青年部では今回初の試みとして、会場内に一般席からも大画面で見える神楽スクリーンを設置。3基のスクリーンが設置され、会場の後方からでも大画面で神楽を鑑賞することができます。みなさんもぜひ、ご期待ください。午後1時開場、午後5時開演。詳しくは、神楽まつりのオフィシャルページをご覧ください。

●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296

高宮神楽まつり上演演目

・15:00~ ①『胴の口』(佐々部神楽団)
・15:35~ ②『戻り橋』(原田神楽団)
・16:20~ ③『塵倫』(梶矢神楽団)
・17:05~ ④『日本武尊』(来女木神楽団)

・17:45~17:55 休憩(御花読上げ)

・17:55~ ⑤『大江山』(山根神楽団
・18:40~ ⑥『鈴鹿山』(羽佐竹神楽団)
・19:25~ ⑦『鐘馗』(梶矢神楽団)

・20:05~20:20 中入り行事(挨拶)

・20:20~ ⑧『恵比寿』(原田神楽団)
・20:55~ ⑨『山伏』(佐々部神楽団)
・21:40~ ⑩『滝夜叉姫』(来女木神楽団)
・22:25~ ⑪『曾我兄弟尾』(山根神楽団)
・23:10~ ⑫『八岐大蛇』(羽佐竹神楽団)
神楽大会のオフィシャルサイトはこちら

このサイトを広める