アクティブニュース

全てみる

配食サービスお手伝いします(佐伯郡大柿町)

[買い物などが困難な地域の高齢者に、商工会スタッフがお弁当を宅配]

事業所・店舗紹介

なし

お弁当サンプル。上品な味付けで、衛生面にも配慮

 佐伯郡大柿町の大柿町商工会が福祉事業の一環として行っているお弁当の配食サービスが、地域の高齢者などにたいへん喜ばれています。同商工会による配食サービス「ほほえみ便」(大柿町高齢者等配食サービス事業)は、例えば食材を買いに行くことが困難なお年寄り、食事を作ることが難しい独居老人などを対象にお昼と夕方の1日2回、商工会のスタッフがお弁当を自宅まで届けにいくもので、平成12年4月からスタートした“介護保険制度”において介護保険の要介護に該当しなかった町内の高齢者向けの慈善サービスとして2年前から始められました。

 

 同商工会の委託を受け、藤井商事(株)、(有)浜西商店、浜西仕出し店(有)の3事業所が朝夕のお弁当を製造。2名のパート職員が2台の冷凍車を活用し、昼食は正午、夕食は午後3時を宅配時間の目安に、1日平均40食のお弁当を届けています。同サービスは町の福祉目的に行われているため、お弁当代は1食400円とたいへん安価。また、同サービスには、毎日の訪問によって安否の確認ができるなどのメリットもあります。配食スタッフに代わって、時おり高齢者宅を訪れるという同商工会経営指導員の沖元隆義さんは、「身体の不自由なご老人など本当にサービスを必要とされている方ばかりなので、みなさんに感謝いただいている。これからも当たり前の食事にお困りの方の役に立てれば」と事業の継続に力強く取り組んでいく意気込みを示してくれました。なお、配食の対象となるのは、町の保険福祉課が認定した高齢者のみとなっています。

 

●お問い合わせ/大柿町商工会 TEL(0823)57-2243

このサイトを広める