アクティブニュース

全てみる

高原の秋の味覚が一堂に集う(神石郡4商工会)

[神石高原の新鮮で美味しい特産品を地元の生産者らが心をこめてお届け]

地域イベント

神石郡と内海の特産品が豊富にそろうまるごと市場

 神石郡4町村と沼隈郡内海町の広域連携によるアンテナショップとして平成12年9月にオープンした、福山市南蔵王町の神石高原まるごと市場で21日(土)から3日間、オープン2周年を記念する「神石郡の特産品フェア」が行われます。同館は、同郡の農業の活性化と都市との交流の促進を促進することなどを目的にオープンしたもので、郡内約700の生産団体が生鮮食料品、加工品など多品目の産品を提供し、数千種にもおよぶ特産品が販売されています。採れたて野菜をはじめとして、神石特産の手もみコンニャクや地元産大豆を使った豆腐、冷涼な気候風土を活かしたおいしい漬物や山菜、山野草など、もじどおり神石高原をまるごと味わえるお店として人気を集めており、また、農畜産物以外にも神石町と友好縁組みを結んでいる内海町からも新鮮な魚介類が届けられ、その幅広い品ぞろえで消費者などに好評を博しています。

 

 21日から2日間の日程で行われる特産品フェアでは、各町村が日替わりで趣向を凝らした実演販売や試食会などを実施。初日の三和町は、特産のコンニャクの実演販売や新米こいもみじの試食会、プルーン、ぶどう、漬物などの試食販売を行うほか、プルーンや柚子の加工品、山菜など多彩な品ぞろえでふるさとの魅力をPR。翌22日は豊松村が名産の完熟トマトをはじめ、トマトジュースや各種トマトの加工品、ピオーネや栗おこわなどを販売するほか、油木町からは今が旬のりんご、なしなど美味しい果物が届けられます。最終日には神石町から新鮮野菜やハーブ加工品、しゃも地鶏、こんにゃく、しいたけなどの高原の味覚が産地から直送されます。それぞれのふるさとの魅力を紹介しながら直接販売を行うなど、生産者らはフェアをつうじて消費者との交流を積極的に深めていきたい考えです。神石ブランドの魅力、生産者らのこだわりの味の数々をこの機会にぜひ、お求めください。営業時間/午前9時から午後7時。

 

●お問い合わせ/神石高原まるごと市場 TEL(0849)73-8330
●お問い合わせ/油木町商工会 (08478)2-0936
●お問い合わせ/神石町商工会 (08478)7-0136
●お問い合わせ/三和町商工会 (08478)5-2338
●お問い合わせ/豊松村商工会 (08478)4-2007

このサイトを広める