アクティブニュース

全てみる

住み良い町づくりめざす清掃活動(東区安芸町商工会)

[地域住民が幅広く参加して、地域内に捨てられたゴミを回収]

地域イベント

180名の地域住民らが清掃活動に参加

 広島市東区の安芸町商工会が地域の学校や病院、法人会などと合同で今月25日、地域内の路上に捨てられたゴミなどを収集する一斉清掃活動を行いました。この活動は、平成4年に同商工会青年部が地域の各種団体に呼びかけるかたちで始められたもので、以来、毎年8月と2月の年2回、継続的に実施されている活動です。あらかじめ同商工会が文書で参加を呼びかけ、その求めに積極的に応じた10団体計180名が参加して、暑さもいくぶんやわらいだ夏空のもと、23回目となる恒例の清掃活動が実施されました。

 

 清掃活動には4名の商工会職員と7名の青年部員も参加。午前10時、休日を利用して3ヵ所の集合場所に集まった参加者らは、それぞれ青年部員を先頭に同商工会エリアの温品・上温品・馬木・福田4地区でいっせいに清掃活動をスタート。公共的な清掃活動を幅広くサポートする広島市クリーンボランティア制度により支給された軍手、ゴミ袋などの備品を手に、子どもたちからご年配まで幅広い層の参加者らがそれぞれ手分けして、空き缶や空きビンなどを中心に約2時間、路上に捨てられたゴミの拾い集めに汗を流しました。また、ゴミを拾い集めるために商工会が用意した130本の火鉢に加え、参加した安芸郷心会からも火鉢40本が支援されるなど、地域の人々が一体となった活動によって、約2時間の清掃で市販のゴミ袋にして210袋分のゴミが回収されました。清掃後には青年部員らが用意したジュースを振る舞って半日の労をねぎらい、参加者からはゴミを捨てることへの自省の言葉なども多く聞かれました。青年部員らはその後、自主的に反省会を開いて地域振興への取り組みについての意見交換を行うなど、住み良い町づくりに向けての思いを新たにしていました。

 

●お問い合わせ/安芸町商工会 TEL(082)289-1648

このサイトを広める