アクティブニュース

全てみる

瀬戸の潮風とともに走ろう(佐伯郡大柿町)

[ジョギング感覚で楽しめる、恒例の健康マラソンの参加者募集中]

地域イベント

17回目となる今年は、2,200名の参加を予定

 瀬戸内海の潮風とともに走るふれあいマラソンとして、たくさんのランナーたちの支援に支えられながら歩んできた「ヒロシマMIKANマラソン大会」。“瀬戸内カップビーチバレーイン大柿”“さわやか健康ウォークインおおがき”など、県内だけでなく全国からも参加者を集め、さまざまなスポーツイベントを開催している佐伯郡大柿町の恒例行事のひとつです。地域住民らの健康の維持と促進、さらに、島外からも多くの参加者を招くことで交流人口の増加を町の活性化につなげようと、大柿町商工会が町と共催でスタートさせたもので、1,664名の参加者を集めて第1回大会が行われたのが17年前。年々、参加者とその規模を広げ、今年も10月27日(日)に第17回目となる大会が開催されます。この大会の開催に先がけ、同大会事務局では現在、参加者を募集しています。

 

 同大会は、同町大原の県立大柿高校グラウンドを会場に大柿、能美、沖美3つの町をつなぐ3km(小学生以上)、5km(中学生以上)、10km(高校生以上)コースなどで健脚を競います。ジョギング感覚で走る健康マラソンがコンセプトですが、さらにスピード感あふれる競技性にも目を向け、これまで実施していた20kmコースを変更し、広島県内で唯一の日本陸上競技連盟公認のハーフマラソン種目を新設。今大会はハーフマラソン公認の部、一般の部合わせて5つのカテゴリーで競技が行われます。参加者全員に参加賞。また、完走者の中から抽選で香港往復チケット、広島・東京間往復チケットなどがプレゼントされます。参加料は一般1,600円、高校生以下1,100円。なお、申込受付期間は8月30日(金)までですが、各コース定員になりしだい締め切りです。ヒロシマMIKANマラソン大会の輪を広げるためにも、みなさんもご家族、知人に呼びかけて参加してみませんか。詳しくは、お電話にてお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/ヒロシマMIKANマラソン大会事務局 TEL(0823)57-4333
●お問い合わせ/大柿町商工会 TEL(0823)57-2243

このサイトを広める