アクティブニュース

全てみる

ドラゴンボートレースが見もの(佐伯郡能美町)

[4日間の日程で、温泉祭りや盆踊り大会など各種イベントを開催]

地域イベント

写真はイメージです

 佐伯郡能美町で明後日1日(木)から4日間の日程で、「のうみ温泉祭り&のうみシーサイドフェスティバル」が開催されます。これは、同町中町の温泉施設、シーサイド温泉のうみが住民サービスと利用者促進の拡大を目的に行う“温泉祭り”と、町産業課や商工会を中心に、地元住民などで組織するイベント実行委員会が地域振興をめざして新たに行う“シーサイドフェスティバル”とが一体化したイベントです。同町では昨年、町外から観光客を呼び込んで、交流人口の増加を町の活性化につなげようと、同町の長瀬海岸などでカヌーやマリンスポーツ体験教室、いかだレース大会をはじめとする各種プログラムを約3週間にわたって行うなどの能美サマーフェスティバルを開催しました。同フェスティバルはこれらに代わるイベントとして今年初めて行われるもので、温泉祭りや納涼盆踊り大会、ドラゴンボートレース大会の開催などが予定されています。

 

 シーサイド温泉のうみでは4日(日)までの期間中、入浴者サービスとして抽選器による抽選で商品を決定し、鉢花またはドリンク券、オモチャなどを来館者らにプレゼントするほか、抽選の中から毎日2名を選んで24枚綴りの入浴回数券を進呈。3日(土)には、同館駐車場で行われるシーサイドフェスティバル納涼盆踊り大会にちなみ、ゆかた着用での来館者は通常の半額料金(400円)で温泉入浴ができます。また、イベントの最終日となる4日には、同フェスティバルのハイライトとしてドラゴンボートレースを開催。ドラゴンボートとは、櫂を艇に固定しないで複数の人間で漕ぐカヌータイプの細長い木製ボートのこと。同大会では漕ぎ手のほか、鼓手と舵取り各1名がボートに乗り込み、10人1組となって片道約100mのコースで2艇によるタイムレースを行います。大会には一般の部24チーム、親子の部6チームの計30チームが出場。町内外の参加者らが真夏の瀬戸内海で白熱のレースを繰り広げます。鼓手が打ち鳴らす太鼓に合わせ、漕ぎ手が勇壮に繰り出すさまは見る人に興奮を与えてくれることでしょう。

 

●お問い合わせ/能美町産業課 TEL(0823)45-2711
●お問い合わせ/能美町商工会 TEL(0823)45-2425

このサイトを広める