アクティブニュース

全てみる

“月遅れ”の七夕行事(比婆郡高野町)

[郷土伝来の風習にもとづき、古いこよみに合わせて星に願いを]

地域イベント

新市のまちを子どもたちが練り歩く

 7月7日といえば、みなさんもご存知のとおり七夕ですね。でも、他にも七夕の日があるのをご存知ですか。七夕の起源は、古く中国から伝わったもの。新暦が導入される以前の明治維新までは、全国どこでも旧暦の7月7日に行われていました。七夕は、現在広く知られている織姫・彦星伝説だけでなく、先祖が帰ってくるお盆を迎えるにあたってのみそぎの意味もある伝統行事。旧暦7月7日の七夕でみそぎを祓い、旧暦8月15日に先祖を迎えるというわけです。その後、明治維新によって新暦が導入され、都会などでは七夕は新暦に従って行うようになったのですが、先祖伝来の風習が息づく地方などでは旧暦に行事を行うといったばらつきが出てきたのです。有名なところでは、東北4大祭りのひとつにも数えられる宮城県仙台市の七夕祭りが旧暦の7月7日、つまり新暦の8月6日に行われることはよく知られています。県北の比婆郡高野町もそうした風習が残る場所のひとつ。同町新市地区では旧暦7月7日の夜に七夕行事を行うことが、古くから伝統として伝えられています。近年ではふるさとに残る風習を新たな町の名物にしようと、高野町商工会の青年部や女性部などが打ち上げ花火や夜店といったイベントを取り入れ、毎年8月第1土曜日を恒例として「七夕まつり」をスタートさせました。今年も同商工会などが中心となって、“月遅れ”の七夕まつりを8月3日(土)に開催します。

 

 まつりのメインは、七夕行列。笹に願い事を書いた短冊や提灯を飾り、地元の子どもたちが笛や太鼓に合わせて「ミコジャリ・コウジャリ」と囃したてながら、町内を練り歩きます。行列終了後は、納涼花火大会や縁日将棋(プロ棋士による多面打ち)、バンド&ブレイクダンス、ゲーム大会などが行われ、金魚すくいなどの夜店やバザーなどでにぎわいます。特に今年は“七夕まつり応援隊”が地元有志により結成され、祇園祭の屋台、大七夕飾り、パフォーマンスパレードなどが七夕行列に加わり、ふれあい広場特設会場においてはパフォーマンスショーやフリーマーケット、スイカ割り大会が行われるなど、例年にも増して多彩な出し物でにぎわう予定です。同町の七夕まつりは見るイベントではなく、参加者全員が祭りの輪に加わって楽しむ体験型イベント。8月3日の夜は家族やグループで七夕飾りを作って、県北の町、高野へお出かけください。行列は午後8時出発。納涼花火大会は同9時ごろ、各種催しは同7時ごろから10時までの予定です。

 

●お問い合わせ/高野町商工会 TEL(082486)2011

このサイトを広める