アクティブニュース

全てみる

陸を往く異色の管絃船(山県郡千代田町)

[伝統芸能の町ならではの勇壮な祭りに加え、町内各所で楽しい催しが盛りだくさん]

地域イベント

なし

 壬生の花田植(国重要無形民俗文化財)、本地花笠踊りや有田神楽(いずれも県無形民俗文化財)などに代表される郷土芸能の宝庫として全国に知られる山県郡千代田町。同町では四季を通じてふるさとが育んできた芸能、歴史などにふれることができ、今月27日(土)にも、勇壮な管絃船が古い町並みを練り歩くことでおなじみの「八重の管絃祭」が同町八重の八重商店街一帯で行われます。毎年この時期に行われる八重の管絃祭は、宮島厳島神社の渡海に対して“陸の管絃祭”として知られ、同じ山間部の三次市や高田郡吉田町にも伝わり、川に管絃船を浮かべる形式と異なる陸船は県内でもたいへん異色なものとされています。管絃船は、同町の地区名を名乗う有田丸、十日市丸、新地丸の3隻。当日午後7時30頃から3隻の管絃船がそれぞれの地区を出発。10名以上の大人たちが引く長さ約10mの木船を乗せた台車に50名近くの供人が従い、2kmにおよぶ道のりを約2時間かけて、あたかも波にもまれるようにして進むのです。

 

 また、有田、十日市、新地の各地区にそれぞれイベント会場を設置。千代田サンクス駐車場の有田会場では、午後5時20分から各種ステージイベントとビンゴゲーム、納涼夜市。ちよだプラザ跡地の十日市会場では、午後6時からアマチュアバンドのコンサートとブラジル料理&バザー。大倉商会横の新地会場では午後7時20分から歌と踊りとお楽しみ抽選会、納涼夜市(午後6時オープン)など、各会場では盛りだくさんのイベントが繰り広げられます。千代田ならではの郷土芸能とイベントの数々をお楽しみください。なお、当日の午後2時からは八重商店街・志路原川をマラソン、古保利橋~千代田中学校まで自転車を使ったミニトライアスロン競争も行われます。選手たちの競技に熱い声援を送ってください。

 

●お問い合わせ/大倉商会 TEL(0826)72-2120
●お問い合わせ/千代田町商工会 TEL(0826)72-2380

このサイトを広める