アクティブニュース

全てみる

ひまわり畑にイベント満載(双三郡君田村)

[大輪の花々を観賞しながら、野菜のもぎ取りや魚のつかみ取りなどを楽しむ]

地域イベント

藤兼会場には50万本のひまわり

 またの名を日輪草。英語ではサンフラワーと呼ばれ、暑い陽射しのもとに太陽の姿にも似た大輪の花を咲かせるひまわり。夏を代表する草花として、みなさんの頭にいちばんに思い浮かぶものといえば、このひまわりではないでしょうか。町内の転作田を利用して景観作物であるひまわりを栽培し、ひまわりいっぱいの村づくりに取り組んでいる双三郡君田村では、炎天下、大輪の花が開き訪れる人々を楽しませています。同村でひまわりの栽培が始まったのは平成6年。現在、村内7地区、約10haで栽培され、夏にはひまわりの名所として毎年多くの人々が鑑賞に訪れています。同村ではひまわりが見頃を迎えたのに合わせて、ふるさとの魅力を県内外に広くPRしようと今月27日(土)、28日(日)の両日、村内3ヵ所にイベント会場を設け「君田村のひまわりまつり」を開催します。

 

 同村を流れる神之瀬川などで体験型イベントを繰り広げる“あったか村・川とひまわりまつり”の装いを改め、今年から名称も新たに、ひまわりをテーマとしたイベントへとその内容も様変わり。合わせて60万本のひまわりが咲き誇る藤兼・石原両地区のひまわり畑では、朝取り野菜市やふるさとバザー、ひまわり畑に散らばったアイテムを見つけ出す宝さがし、ひまわりを題材にした絵手紙づくり体験をはじめ、野菜のもぎ取り、木工加工、川遊びなどさまざまなイベントが楽しめます。メイン会場となる同村東入君の君田温泉森の泉会場では、ひまわりグッズをはじめ、君田自慢の新鮮野菜、特産品などを販売する特産品バザーが行われ、山女のつかみ取り、初日午後7時30分からは君田村茂田神楽団による神楽上演会を開催。さらに、3つの会場をめぐるスタンプラリー、藤兼会場ではひまわりのライトアップも実施されるなど、君田とひまわりの魅力を存分に堪能できる内容盛りだくさんの2日間となっています。みなさんもぜひ、お出かけください。

 

●お問い合わせ/君田村企画振興課 TEL(0824)53-2113
●お問い合わせ/君田村商工会 TEL(0824)53-2039

このサイトを広める