アクティブニュース

全てみる

“街ぐるみ博物館”が祭りでにぎわう(山県郡加計町)

[ふるさとの文化や歴史がつまった通りで、夏本番を告げる浴衣祭り]

地域イベント

なし

ストリートギャラリーもお楽しみください

 昔ながらの商店街全体を博物館に見立て、空き店舗などを利用した街ぐるみ博物館構想(ストリートギャラリー)を推進する山県郡加計町の本通商店街で今月20日(土)、「納涼加計まつり」が開催されます。同商店街には平成7年から同町の商工会が中心となり、神楽の面や衣装を展示する神楽館、蓄音機や昔のレコードなどを揃えた音の館、鉄を使った古い道具などを展示する鍛冶屋館などのギャラリーを設置。同商店街を訪れる人々に一般開放するなどして、地域の文化や歴史を紹介しています。古き情緒が味わえることで知られる同商店街での納涼まつりは、山あいの町に夏本番を告げる浴衣祭りとして古くから行われているもので、趣向を凝らした仮装パレードや山車が通りを練り歩き、多くの夜店が軒を連ねてにぎわいます。

 

 祭りは午後6時からの夜店や各種イベントに幕を開け、同6時30分から踊り、みこし、太鼓踊りなど全10組のパレードが通りに繰り出します。午後8時からは長尾神社で地元の堀神楽団による神楽奉納が行われるなど、同町ならではの郷土色豊かな行事が多彩に繰り広げられます。当日はストリートギャラリーの常設館も一般開放されますので、この機会に“ふるさと加計”の素晴らしさを確かめにお出かけください。

 

●お問い合わせ/加計町商工会 TEL(08262)2-1221

このサイトを広める