アクティブニュース

全てみる

地元商店街に夜市のにぎわい(豊田郡本郷町)

[夏祭り本番への弾みをつけようと、地域の活性化めざして地元青年部が主催]

地域イベント

なし

夜市を通じて地域の活性化をめざす

 “二十三夜祭”と呼ばれ、豊田郡本郷町の本郷地区で毎年7月23日前後に行われる「沼田(ぬた)本郷夏まつり」。江戸時代、天保の大飢饉で亡くなった人々を弔うために始まった伝統のお祭りで、現在では町をあげての夏祭りとして町内外の人々に親しまれています。化粧した稚児を乗せたチョッサ御輿(みこし太鼓)、地元小学校の児童たちによる子ども御輿などが商店街を練り歩き、沼田川土手からは夏の夜空を焦がす打ち上げ花火、仕掛け花火の数々。同町の夏を彩る一大イベントにふさわしく、このほか安芸本郷太鼓やロックコンサート、くじ引き大会、各種露店などの多彩な催しが今月20日(土)、町役場駐車場を中心ににぎやかに繰り広げられる予定です。

 

 同町の本郷町商工会青年部では毎年、地域に活力を与える青年部活動の一環として、この夏祭りの1週間前に土曜夜市を開いています。本番に弾みをつけるための“プレ夏祭り”として古くから行われているもので、夏祭り前に欠くことのできない恒例行事として定着しています。今年は「サマーフェスタ2002」と題して、7月13日(土)の午後6時から歩行者天国となる本通り商店街を会場に、家族連れで楽しめるさまざまなバザーやイベントを予定しています。青年部では商店街の小売店などに協力を呼びかけ、各商店の店先などに夜店や露店を設置。金魚すくいや風船釣りをはじめ、女性部も協力して行う夜店などが多数商店街に軒を連ね、地域の人々に楽しみの場を広く提供します。お近くのみなさんもご家族お誘い合わせのうえ、青年部の夜市、本郷町の夏祭りにご参加ください。現在、夏祭りでのみこしのかつぎ手を募集しています。ハッピや足袋、わらじなどが用意され、お弁当が食べ放題に。詳しくは、商工会までお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/本郷町商工会 TEL(0848)86-2238

このサイトを広める