アクティブニュース

全てみる

商店街に歴史の面影よみがえる(山県郡大朝町)

[吉川氏の本拠となった小倉山をテーマに伝統の夏祭りを開催]

地域イベント

なし

昔ながらの夜市の雰囲気を味わえる

 中世、吉川氏の栄光の歴史とともに繁栄した山県郡大朝町。新庄盆地の北側、標高460mの小倉山には吉川氏4代経見が築城し、以後170年間吉川氏の本拠となった城跡が残り、国の史跡に指定されています。毛利元就の妻、おかた(妙玖)は8代国経の娘で、この地から吉田猿掛城に嫁いだ人物でした。同町では由緒あるふるさとの歴史にちなむお祭りを毎年、小倉山ふもとの新庄地区で古くから行ってきました。夏の伝統行事「新庄夜市」です。新庄夜市では年ごとにさまざまなテーマを設け、それに沿った多彩なイベントで訪れる人々を楽しませています。21回目の開催を迎える今年、大朝町商工会などでは“よみがえる小倉山”をテーマに例年以上に規模を広げ、7月13日(土)午後5時からこれを開催します。

 

 今年は会場となる新庄商店街を“吉川元春村”(元就の次男)と名づけ、小倉山をかたどったメイン舞台を設置。孟宗竹を編んだ旧家屋を実物大で再現するなど、古き時代の歴史の面影が商店街によみがえります。300mあまりの通りには県青連芸北ブロックの10商工会、島根県瑞穂町商工会青年部などの友情夜市ほか、ビアガーデンや手作り夜店などが数多く軒を連ねて夏祭りの雰囲気を盛り上げます。また、祭りを華やかに彩るべく、高さ6.5m、直径5mの浅草雷門を上回る日本一の提灯も現在製作中です。県内外から毎年多くの人が訪れる大朝名物の新庄夜市に、みなさんもぜひお越しください。

 

●お問い合わせ/大朝町商工会 TEL(0826)82-2576

このサイトを広める