アクティブニュース

全てみる

多彩な顔ぶれで神楽ファンを魅了(高田郡高宮町)

[子ども神楽団や県文化財指定の伝統神楽団が一同に集い、白熱の舞いを披露]

地域イベント

なし

大会は10プログラムで開催

 県内で最も神楽が盛んな場所の一つとして知られる高田郡高宮町。現在、同町では6つの神楽団が郷土の伝統を受け継いで、県内外で精力的な活動を行っています。各神楽団はいずれも上演可能な古典神楽の演目として12曲以上を保持するなど、レベルの高いことでも知られ、うち2団体は演目指定、4団体は古典神楽保持団体として県の無形民俗文化財の指定を受けています。同町では毎年6月、これら地域の神楽文化の伝承と保存を目的に、同町教育委員会が中心となって「高宮神楽公演大会」を開催しています。

 

 同大会は平成6年に第1回大会が行われて以降、毎年開催されているもので、今回で9回目を迎えます。今年は今月23日(日)、子ども神楽同好会や神楽少年団なども加えた9つの神楽団が同町佐々部の高宮ハーモニー広場(高宮町役場隣)に会して、それぞれ日頃の練習の成果を観衆の前に披露します。同町が県内に誇る原田神楽団や佐々部神楽団、来女木神楽団などそうそうたる顔ぶれが集う、高宮ならではの盛大な神楽大会にご期待ください。高宮町商工会青年部も当日、模擬店などを出店して訪れる神楽ファンをもてなします。入場料無料。午前9時30分開場、午前10時30分開演。

 

●お問い合わせ/高宮町商工会 TEL(0826)57-0296

このサイトを広める