アクティブニュース

全てみる

梅雨の風物詩を堪能(甲奴郡上下町)

[満開を迎えるあやめの名所で、期間中にさまざまな催しを開催]

地域イベント

なし

四季の里、安福寺の両あやめ園で開催

 例年より5日遅れで先日11日、広島県が梅雨入りしました。この梅雨を告げる季節の花として知られるのが、あやめ(花菖蒲)です。稲作には水が必要で、雨を待つ昔の人たちはあやめの開花を見て梅雨の到来を知ったといいます。梅雨の風物詩として親しまれているあやめは、清楚で気品ある姿で見る人の心をなごませてくれます。甲奴郡上下町ではこのあやめが町花として親しまれており、あやめの名所として知られる同町の矢野温泉公園四季の里などで大輪の花が開く毎年この時期「上下町あやめまつり」が開催されています。あやめをテーマにした同町最大のイベントで、450種10万本のあやめが咲き競う四季の里と安福寺の両会場では期間中、多彩な催しで観光客の来場を迎えます。

 

 まつりの初日となる今月15日(土)、四季の里では午後6時から開会行事が行われた後、800本のローソクによる園内ライトアップ、打ち上げ花火が予定されています。翌16日(日)にも大正琴演奏などの催しが行われ、イベントのハイライトとなる22日(土)、23日(日)の両日には、ライトアップや打ち上げ花火、神楽、舞踊、銭太鼓といった郷土芸能、歌謡ショーなど盛りだくさんのイベントが行われます。23日(日)までの期間中、四季の里日本庭園では、表千家流松本社中と地元女性会によるお茶席が毎日催され、よりどりみどり園ではハナショウブ、かきつばた、ジャーマンアイリス、たれゆえそう(エヒメアヤメ)の苗株の現地即売も。あやめは雨天のもとでも風情があり、天候を気にすることなく鑑賞を楽しめます。期間中に一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。開園時間午前8時~午後6時(15日、22日はライトアップに伴い延長)。入園料大人600円、小中高生300円(四季の里と安福寺両会場セット。15日、22日のライトアップは午後7時30分から入園料半額、四季の里会場のみ)。

 

●お問い合わせ/上下町まちづくり公社 TEL(0847)62-4990
●お問い合わせ/上下町商工会 TEL(0847)62-3504

このサイトを広める