アクティブニュース

全てみる

帝釈峡が間もなく湖水開き(比婆郡東城町)

[観光シーズンの幕開けを祝うとともに、観光客らの安全を祈願]

地域イベント

なし

 日本五大名峡のひとつ、比婆郡東城町と神石郡神石町・油木町とにまたがる南北約20kmにわたる大渓谷、帝釈峡。神龍湖を中心に広がる国定公園で、自然が創り上げた神秘の芸術が連続して見られるなど、1年を通して多くの観光客が訪れる広島の代表的な観光名所として知られています。この帝釈峡のさらなる観光客増加を図り、観光の振興を地域経済の活性化に結びつけようと地元・東城町の帝釈峡観光協会と東城町商工会などが今月29日(祝)、神龍湖およびトレイルセンターしんりゅう湖周辺で「帝釈峡湖水開き」を開催します。

 

 これは帝釈峡の観光シーズン幕開けを祝って行われる祈願祭で、今年で35回目の開催を迎える伝統行事です。神龍湖の湖上には色とりどりの鯉のぼりがひるがえり、竜神を載せ、炎と煙を吐きながら水面に進み出る遊覧船が大くす玉を割って湖水開きを祝います。神楽や太鼓演奏などの郷土芸能がにぎやかに披露されるとともに、この日から遊覧船も本格就航。観光客らを乗せ、新緑が鮮やかに映える湖をめぐります。みなさんもGWにぜひ一度、雄大な自然美を堪能できる帝釈峡に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

●お問い合わせ/東城町商工会 TEL(08477)2-0525

このサイトを広める