アクティブニュース

全てみる

経営トップセミナー開催(中小企業大学校)

[企業の社会的責任が重要視される今、経営者に必要な法律知識や最新事例を紹介]

セミナー・プロジェクト

なし

 規制緩和に伴う企業間競争が激化する中で、個々の企業がさまざまな経営判断に対して自己責任を持つことが強く求められる今、中小企業者の経営・管理者などに対する高度で専門的な研修を実施する総合的研修機関、広島市西区草津新町の中小企業大学校広島校(吉田直是校長)では来る5月10日(金)、11日(土)の2日間、企業経営者を対象としたセミナー「知っておくべき企業法務と危機管理」を開催します。同セミナーは、最近の法制度の動向、経営者や経営幹部の法的責任、危機管理面での企業法務など、経営活動を適正かつ革新的に展開していくうえで経営トップが知っておくべき法律の知識について、最新の事例などを交えながら学ぶための研修で、企業法務の実務指導や各種研修の講師などとして幅広く活躍する、アイマン総合法律事務所の弁護士、井上圭吾氏を講師に招いて行われます。

 

 初日前半は経営実務に役立つ企業法務として、企業法務の動向と今後の展望、経営実務において重要な法律のポイントなどについて、後半は経営幹部の法的な責任として、経営幹部に求められる役割と法的責任などについての講座を。2日目は企業倒産における法的手続と債権保全として、ケーススタディやグループディスカッションを交えながら、企業倒産に関する基礎知識、取引先が倒産した場合の債権回収の対応などについて学びます。10日午後5時からは、受講者同士の交流を深める異業種交流会も開催されます。受講料2万2,000円。定員40名。申込締切は4月12日(金)までですが、定員になり次第締め切ることがありますので、お早めにお申し込みください。

 

●お問い合わせ/中小企業大学校広島校研修課 TEL(082)278-5800
中小企業大学校広島校のホームページはこちら

このサイトを広める