アクティブニュース

全てみる

今月のおすすめ物産-2(ひろしま夢ぷらざ)

[ヘルシーな菊芋を使った、美味しいうどんができました]

事業所・店舗紹介

なし

 “菊芋”という植物をご存知ですか。菊芋は山野に自生し、根塊を食用とする菊科の植物です。戦後の食糧難の頃には作付統制野菜となり、各地で盛んに栽培が行われました。戦後は代用食とされましたが、採集、栽培などに手がかかるためその後全国に普及することはありませんでした。菊芋はイヌリンをいう多糖類を主成分としています。イヌリンには血糖値を下げる効果があり、糖尿病患者の食事療法などに適し、さらに菊芋はビタミン・ミネラルを豊富に含んでいることから、近年の健康食ブームの中で食品応用開発が行われるようになりました。ひろしま夢ぷらざでも今月、この菊芋を加工した新商品「キクイモうどん」が販売され、人気を集めています。

 

 キクイモうどんは、菊芋のペーストを練り込んだ細麺うどんです。作ったのは、広島市安佐北区飯室で草木染め工房兼食事処“からっぽ”を経営する宇野淳子さん、同店の農園部門を担当する安藤りかさんらの女性グループ。一昨年前、約1,000坪の農地を利用して菊芋の栽培を開始。丹精込めた自家栽培の菊芋は昨秋、黄色い花を咲かせ、11月に大きく実った根塊を収穫。3月までが収穫期の菊芋を旬の時期以外でも楽しめるよう、宇野さんらは消費者が食べやすいキクイモうどんを考案し、昨年末商品化に成功しました。「菊芋の香り豊かな、喉ごしの良いうどんです」と安藤さんは自信たっぷり。今では同店の人気メニューとして定着したようです。みなさんもぜひ、滑らかな麺の自然な味と香りをお試しください。麺100g×2、スープ付/360円。

 

●お問い合わせ/安佐町商工会 TEL(082)835-0048
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-3131

このサイトを広める