アクティブニュース

全てみる

ふるさとの良さ、春の喜びを実感(安佐南区佐東町)

[かつての名所、梅林の風情と賑わいを復活させて明るい地域づくりの活力に]

地域イベント

なし

 JR可部線梅林駅から太田川へ向かった辺り、現在の安佐南区八木にはかつて八木梅林がありました。今では住宅や大型店舗が密集するなど当時の面影は失われましたが、95年に広島佐東ライオンズクラブが梅林復活を願い、同地区のせせらぎ公園の川土手や八木梅林公園などに約500本の梅の木を植えました。以来、毎年3月に春が来ることの喜びを梅林に託して祝おうと、地元の佐東町商工会などによって「梅林春こい祭」が開かれています。同祭は春の訪れを祝うとともに、かつての梅林の風情や賑わいを復活させ、地域の人々にふるさとの良さを実感してもらうことなどを目的に行われるイベントで、7回目を迎える今年は3月3日(日)、同区八木一丁目の八木梅林公園(前セセラ住宅展示場前)を会場に盛大に開催されます。

 

 午前10時30分からのイベントでは、まず先着100名に梅の苗木をプレゼント。11時からは鏡開きした樽酒に、梅酒の振る舞い。また、子ども広場では佐東老連の協力による竹とんぼ教室など懐かしい遊びが楽しめるほか、和太鼓や子ども神楽、梅の種とばし大会、もちつきなど盛りだくさんのプログラムが予定されています。季節の産品や地元の物産を取り揃えた、子どもたちによる野菜市場、屋台なども数多く出店。さらに、イベントの目玉となる富くじでは、地域の親睦を深めるきっかけになるようにと地元の産品を山積みし、富を当てた人が近所におすそ分けできるような心温まる賞品を多数取り揃え。みなさんもぜひ、佐東町で季節を感じ、春の喜びを実感してください。

 

●お問い合わせ/佐東町商工会 TEL(082)877-9352

このサイトを広める