アクティブニュース

全てみる

郷土の華をテーマに町おこし(甲奴郡総領町)

[路傍の花を“華”しようと努力する、自然と人間が共に暮らす町の名物行事]

地域イベント

なし

 “節分草”という花をご存知ですか。本州、四国地方の落葉樹林下に自生し、地面から10cmほど伸びた茎に白色五弁のがくを付けるキンポウゲ科の球根植物です。春に芽を出し、節分の頃に花開くことからこの名が付けられ、甲奴郡総領町はその日本一の自生地として知られています。節分草は草刈りをしなければ花を咲かせません。昭和60年に自生が確認された後、耕地が少ないという悪条件の中、草刈りを続けた町民の力が同町を“節分草日本一”の町としたのです。現在同町には、8箇所の公開地のほか20数箇所の自生地が確認され、町花として町民、愛好家らに親しまれています。

 

 県東部の山あいに位置する同町では、節分草は例年2月中旬に開花、3月下旬まで花を咲かせます。3月上旬の開花期に合わせて同町では毎年、節分草をテーマにした町おこしイベントとして「節分草祭・名人市」を開催しています(写真)。節分草教室や節分草俳句会、節分草ハイキング、名人市などを通じて節分草を町内外に広くアピールするもので、今年も3月10日(日)、同町下領家の道の駅リストアステーションをメイン会場に、同地区の節分草自生地などで第6回目となるイベントの開催が予定されています。恒例の節分草教室やハイキングほか、特産品販売やビンゴ、餅つき、種子から育てた節分草限定販売などが行われる予定です。みなさんもぜひ、総領町へ春の告げる使者を愛でに来ませんか。また、今月16日からの節分草自生地の公開に合わせて現在、同町に咲く山野草をテーマにした絵手紙・写真作品を募集しています。詳しくは、下記までお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/総領町企画振興課 TEL(082488)3064
●お問い合わせ/総領町商工会 TEL(082488)2127

このサイトを広める