アクティブニュース

全てみる

新たな特産品できました(県連)

[本県連が支援する事業を通じて、夢ぷらざに地域ならではの新商品がお目見え]

地域イベント

広島県商工会連合会

 県内の各商工会地区における特産品の開発支援を目的に、本県連では「特産品等販路開拓支援事業」を行っています。同事業は、試作品を製作する際の材料費の負担、生じたロスを定価で買い取るなどして、各商工会や商工会員らの特産品開発への試みを積極的にサポートするもので、平成11年度から行われています。今年度、同事業を通じて県内で4点の商品が試作され、そのうち3点がこのほど、製品化されることが決定しました。

 

 新たに商品化されるのは、豊田郡東野町商工会女性部が試作した“つわぶき佃煮”、賀茂郡大和町のムツワ味工が製作した“いぶり大根”、“フレッシュ広島菜ソフトちりめん”の3点。つわぶき佃煮は自然食品にこだわった女性部手づくりの醤油味の佃煮で、保存料を使用せず、ごま風味と唐辛子風味の2通りに仕上げたご飯やお酒の肴に好適な逸品。東北地方で製造されていた大根の燻製を、さらにソフトで食べやすくした燻製風味の大根漬、いぶり大根と、広島菜の味、歯応えとちりめんの味をミックスし、ゴマやワカメの風味を加えて上品に仕上げたフレッシュ広島菜ソフトちりめんはともに、大和町の新たな特産品としての期待が高まっています。これらの商品はいずれも、広島市中区本通りのひろしま夢ぷらざで販売される予定です。なお、本日と明日の2日間、つわぶき佃煮の試食アンケートを行いますので、お近くにお立ち寄りの際には、気軽に試食してみてください。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221
●お問い合わせ/ひろしま夢ぷらざ TEL(082)541-3131

このサイトを広める