アクティブニュース

全てみる

わが町の有名人(福山市加茂町)

[多彩な肩書きを備え、アマチュアの陶芸家としても期待される地域の人気者]

クローズアップ商工会

なし

 福山市加茂町上加茂でタイル工事業を営む松浦洋治さん(56才)は、多彩な趣味人として知られる、町のちょっとした有名人。“中国修験道・法螺師講師”、“都山流尺八指南”、“詩吟賀堂流準師範”などの赫々たる肩書きを持ち、焼き物の製作に力を注ぐ陶芸家としても地域にその名を広く知られています。

 

 松浦さんは昭和63年、第1号目となる窯を製作し、以来、数々の作品を生み出してきました。当初から関係者間の評価も高く、その活躍に地元からも篤い期待が寄せられていました。松浦さんは先ごろ、約1年半かけて新たな窯を製作。高さ1.8m、長さ約10mの堂々たる穴窯式登り窯で、「備後加茂焼・慶松窯」と命名。窯開きの後、初窯で2,000点余りの作品を作り上げました。高さ約1.15m、胴回り約80cmの大きな水がめなど作品はいずれも上々の出来映えでしたが、本人の評価は少々辛口。実際は、その仕上がりを目にした人から謙遜の弁では、との声がささやかれるなど見事な作品の数々が披露されました。松浦さんは来年1月、ひろしま夢ぷらざでこれらの作品の一部を展示する予定です。展示の折にはみなさんもぜひ、足を運んでみてください。

 

●お問い合わせ/加茂町商工会 TEL(0849)72-3008

このサイトを広める