アクティブニュース

全てみる

事務局長パソコン研修会を実施(県連)

[情報化事業への理解、協力を深めようと、48名の事務局長が熱心に受講]

セミナー・プロジェクト

広島県商工会連合会

 広島県商工会連合会では昨年度に引き続き、商工会事務局長を対象とする「パソコン研修会」を実施しています。近年、メールを使った文書交信の機会も増えるなど、パソコンに対する柔軟な姿勢が求められるのは商工会事務局長とて例外ではありません。商工会における情報化事業に関してさらに理解を深めてもらうことなどを目的に、今回の研修会は“インターネット・メール基本コース”、“インターネット・メール活用コース”の2コースで、レベルに応じた研修を1日6時間で行うものです。本県連では研修効果を上げる目的の予備調査を事前に行い、参加者の受講コースを決定。11月5日にスタートし、今月11日の第5回を終了をもって、延べ48名が受講したことになります。

 先日4日に行われた第4回の研修会に参加した戸河内町筒賀村商工会の大江章事務局長は、「初心者にも分かりやすい懇切、丁寧な指導をいただいた。徐々に上級へとステップアップしていきたい」、と今後の抱負を述べました。指導にあたった宮川良子講師は「活発な質問が数多くあり、興味を持って受講されているのが感じられました」と述べ、受講者らの今後に期待感を示しました。

このサイトを広める