アクティブニュース

全てみる

冬景色に映えるイルミネーション(比婆郡高野町)

[役場一帯を幻想的な光の渦で彩り、町内全域に手づくりの電飾を設置]

地域イベント

なし

 比婆郡高野町の役場前および学園ロード、福祉センター前に設置されていた「夢のともしびイルミネーション」で先月30日、点灯式が行われました。イルミネーションの設置は今年で7回目。老朽化していた設備を町の補助金や一般からの浄財の拠出などにより新しい設備として蘇らせたもので、点灯式当日、カウントダウンとともに役場付近一帯に光の世界が出現しました。見物に訪れた住民からは歓声とともに大きな拍手が沸き起こり、振る舞われた綿菓子や豚汁を頬張りながら、参加者らは木枯らしに頬を真っ赤に染めながらいつまでも光の渦を楽しんでいました。点灯式に合わせて、商店街や事業所、各家々の軒先などにイルミネーションを取り付け、冬の町並みを彩る「光いっぱい運動」も同時スタート。昨年、商工会女性部が呼びかけて始まった運動で、住民手づくりの電飾が夢のともしびイルミネーションとともに光の帯となって町をロマンチックに照らしました。

 

 夢のともしびイルミネーションは来年1月15日ごろまでの予定で、毎日午後5時から10時まで点灯され、クリスマスや年末年始には朝まで点灯されます。冷たい冬の風吹き抜けるなか、人々の心に語りかけるような暖かな光の輝きは、下校する子どもたちや町民、高野町を訪れる人々の心をなごませてくれることでしょう。「この運動が高野の冬の風物詩となって、冬の高野も素敵な町だね、といわれるよう願っています」と商工会経営指導員の湯川美秋さんも白い息を弾ませていました。

 

●お問い合わせ/高野町商工会 TEL(082486)2011

このサイトを広める