アクティブニュース

全てみる

夢ぷらざでワゴンセール実施(比婆郡比和町)

[高原野菜や漬物など、ふるさと自慢の品々を商工会員らが販売]

地域イベント

なし

 今月13日、広島市中区本通のひろしま夢ぷらざで、比婆郡比和町の商工会員らが中心となって同町特産品のワゴンセールを行いました。同月1日から14日までの2週間、庄原市と比婆郡5町村が合同で行った「ひばの里『まるごと出前』いたします!!~Part三」の期間中に“比和町の日”として実施されたもので、高原野菜、お米、そばといった高原の秋の味覚が夢ぷらざの店頭を賑わせました。

 

 ワゴンセールには地元の商工会員ら7名が参加。一行は早朝6時に比和町を出発。白菜や大根、キャベツ、コンニャク、自然薯、吾妻漬け、二八そばなど、夢ぷらざ開店とともにトラック1台分のさまざまな品をワゴンに満載し、本通りを行き交う人々に言葉をかけながら、終日活気に満ちたワゴンセールを繰り広げました。安値で新鮮な高原野菜、山里の味覚を手軽に持ち帰られる漬物などに目をつけ、足を止めて買い求める人の姿も多く見られるなど、ワゴンセールは大好評。商工会経営指導員の平岡耕三さんも「これからも比和町ならではの手づくりの味わいを多くの方に提供する同時に、町のPRにも努めていきたいですね」と、今後の夢ぷらざ出展に向けての意欲を見せていました。

 

●お問い合わせ/比和町商工会 TEL(082485)2330

このサイトを広める