アクティブニュース

全てみる

プロに一歩近づける日(高田郡吉田町)

[スクールやミニゲームなど通じて、サンフレッチェの選手との交流を楽しむ]

地域イベント

なし

 1992年に広島市をホームタウンとして誕生したサンフレッチェ広島。クラブ名が毛利元就の故事“三本の矢”にちなむことから、元就ゆかりの地、高田郡吉田町とサンフレッチェとの交流が始まり、翌93年にはチームの練習拠点とユースチーム育成の拠点を吉田町に置くことなどが決められました。これらをきっかけに吉田町では、子どもたちにサッカーの楽しさを知ってもらおうと、プロ選手らとの交流を交えた「ふれあいサッカーフェスティバル」をスタートさせました。以来、毎秋恒例のイベントとしてサッカーファンの子どもたちに人気を集め、今年で8回目を迎える同フェスティバルが11月25日(日)、同町西浦の吉田サッカー公園で行われます。

 

 今回は、元日本代表の森保一選手、駒野友一選手、寺内良太選手、トゥーリオ選手らがイベントに参加。選手やコーチがサッカーの基本を中心に実技指導を行うサッカースクール、プロ選手と一緒にプレーを楽しむミニゲームや選手による模範演技をはじめ、サイン会、抽選会など盛りだくさんのプログラムが予定されています。吉田町のサンフレッチェホームグラウンドで、プロ選手との楽しい1日を過ごしてみませんか。申込締切11月19日(月)。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

 

●お問い合わせ/吉田町地域振興事業団 TEL(0826)42-1011
●お問い合わせ/吉田町商工会 TEL(0826)42-0507

このサイトを広める