アクティブニュース

全てみる

菊づくりの里ならではの催し(芦品郡新市町)

[菊の常設展示やバザー、絵画コンテストの発表会などを開催]

地域イベント

なし

 芦品郡新市町は菊づくりの里として全国に知られ、菊は同町の町花にも指定されています。新市町では毎年珍しい菊の品種を作り出し、年間800万本以上の菊の苗を国内外へ出荷しています。日本を代表する花である菊の品種は数千種にのぼるといわれ、その約半数が新市町で生まれ、菊の苗生産では全国シェアの75%を占めています。こうした町の特性を生かして菊の魅力を愛好家らに広く紹介することなどを目的に、菊の花が咲き誇る文化の日を中心とした時期に行われる恒例の「菊まつり」が今年も11月3日(祝)、4日(日)の2日間、同町金丸の精興園前(3日のみ)および常金中学校体育館などで開催されます。

 

 大正10年(1921)の古くから菊の新品種づくりに取り組む、精興園での菊花展を中心に、菊にちなむ各種バザー、商工会会員らによる模擬店の出店などが2日間にわたって賑やかに繰り広げられるほか、“しんいち”を作品テーマに、町内の子どもたちに風景や行事など新市町に関する絵を自由に描いてもらおうと、先に商工会青年部で募集した「しんいち絵画コンテスト」の作品発表や表彰式なども予定されています。この機会にぜひ新市町へ足を運んで、大菊(写真)や古典菊、懸崖など色とりどりに咲き誇る菊の花をお楽しみください。

 

●お問い合わせ/新市商工会 TEL(0847)52-4882

このサイトを広める