アクティブニュース

全てみる

東京武蔵野市にアンテナショップ誕生(豊田郡大崎町)

[果物や海産物などの特産品を日常的に提供し、島の魅力を広くPR]

事業所・店舗紹介

なし

 豊田郡大崎町では平成2年から東京都武蔵野市と姉妹友好都市提携を結び、市民交流や物産交流などさまざな友好活動を行ってきました。大崎町商工会でもこれまで、平成5年から同12年まで吉祥寺のデパートなどで行われた物産展、毎年11月初旬に開かれる市民イベント、むさしの青空市に特産市を出展するなどして友好を深めてきました。大崎町のほか岩手県遠野市、山形県酒田市など、同じく武蔵野市の姉妹友好都市である7市町村が合同で行ってきた物産展を発展的に解消し、日常的に各地の特産品を購入できるなど、今後の関係をさらに発展させた相互交流の拠点づくりを目指して先日5日、武蔵野市吉祥寺本町に姉妹友好都市アンテナショップ「麦わら帽子」がオープンしました。

 

 大崎町からは商工会職員など関係者らがブルーベリージャムやみかん、海産物、味噌、醤油などを持ち寄ってオープニングに参加。特に7、8日の2日間は大崎町の日として、同行した内浦水産、岡本醤油、神峰園などの商工会会員らが商工会職員とともに、来店者に大崎町をPRしながら特産品の展示即売フェアを行いました。経営指導員の先田金生さんは「旬の特産品を幅広く提供しながら、今後も武蔵野市でのイベントにも継続的に参加し、多くの人に大崎町をPRしていきたい」とアンテナショップ誕生を機に、地域振興推進への思いを新たにしていました。

 

●お問い合わせ/大崎町商工会 TEL(08466)4-3505

このサイトを広める