アクティブニュース

全てみる

300年余の伝統を持つ夏祭り(世羅郡甲山町)

[吊り人形を乗せ、狂言芝居を演じるだんじりが山あいの町を賑わせる]

地域イベント

なし

 今月19日(日)、20日(月)の両日、世羅郡甲山町の本通り商店街周辺で「甲山廿日えびす祭(甲山町夏祭り)」が開催されます。江戸時代末期から同町に受け継がれてきた“だんじり吊り人形”や“だんじり仁輪加(にわか)狂言”など、古式ゆかしい伝統行事を今に伝える由緒ある夏祭りです。昼は吊り人形を乗せただんじりが賑々しく町内を練り歩き、午後7時頃からだんじり仁輪加を繰り出して、それぞれの新作仁輪加などを披露するのです。仁輪加とは、即興的に演じる滑稽な寸劇のことで、江戸時代に始まり、現在では博多にわか、美濃にわかなどが有名です。甲山の仁輪加は路上でだんじりを止めて、綱の中を舞台として行われる、通称「流しにわか」と呼ばれるものです。だんじりは各所で車を止めて引き綱を楕円形に広げ、子どもたちのかざす手燭の光に照らされて仁輪加狂言の上演舞台を作り、舞台上で時代物や現代劇などの狂言芝居が演じられるのです。

 

 これら伝統美に彩られた行事とともに、にわかコンクールや甲山音頭大行進、大道芸フェスティバル、大田庄やっさなどの催しも2日間通して盛りだくさんに行われます。皆さんもぜひ、甲山町ならではの古式ゆかしい伝統行事を間近でご覧になってください。

 

●お問い合わせ/甲山町商工会 TEL(08472)2-0529

このサイトを広める