アクティブニュース

全てみる

伝統行事に島が熱く燃える(豊田郡東野町)

[200年来続く勇壮な櫂伝馬競漕は東野の夏のシンボル]

地域イベント

なし

 瀬戸内海に浮かぶ大崎上島北東部に位置する、豊田郡東野町。東野町では海運業が発達した江戸中期、大阪の住吉社から神霊が迎えられ、同町古江区に住吉神社が建立されました。以来、旧6月29日は住吉神社の例祭とされ、200年来その伝統が守られてきました。例祭における櫂伝馬競漕は「西の宮島さん」、「東の三島さん」と並んでつとに名高く、往時には多くの参拝者が島に集まったといいます。今では水夫(カコ)不足などの理由により、盆に帰省する若者らの参加を見込んで毎年8月13日に行われ、東野町ではこの日に併せて盛大な夏祭りを例年開催しています。

 

 伝統の櫂伝馬競漕をはじめ、今年は約1,000発の花火が夜空を彩る花火大会も復活するなど、海にステージに熱いお祭りプログラムが用意されています。祭りのハイライトである櫂伝馬競漕は小早川水軍の勇姿を今に再現する勇壮な行事で、水夫の掛け声も勇ましく飛沫を上げた舟が陸に進むさまは、かつて勇猛果敢な水軍が先頭を争った敵前上陸の姿を思わせます。伝統的かつ豪快な海の祭典、櫂伝馬は昭和52年、町の無形民族文化財にも指定され、今年はタレントの榊原郁恵もTV番組の収録で、櫂伝馬の取材に訪れます。みなさんもこの機会にぜひ、東野町の伝統行事を間近に感じてみてください。

 

●お問い合わせ/東野町商工会 TEL(08466)5-3209

このサイトを広める