アクティブニュース

全てみる

中・四国の物産が一堂に集結

[きらら博で賑わう山口で、各町村が自慢の特産品をピーアール]

地域イベント

広島県商工会連合会

 来る9月15日(土)~17日(月)の3日間、山口県山口市の山口県維新百年記念公園・スポーツ文化センターにおいて、「山口きらら物産展21(中国・四国商工会広域連携物産展)」が開催されます。中国・四国9県の商工会が広域的に連携して開催する物産展で、一昨年の“しまなみ物産展”(尾道市)、昨年の“とくとく物産展”(徳島市)に次いで3回目の取り組みとなります。特に今回は、山口きらら博の開催期間中の実施でもあり、多くの集客が期待されています。

 

 会場には各県(144商工会・202企業、うち広島県は28商工会・30企業)選りすぐりの物産が大集合し、それぞれに趣向を凝らした特産品の展示即売、実演販売などが行われます。また、各地域の郷土芸能大会(広島県からは豊田郡大崎町の大崎なぎ太鼓)や特産品オークション、大抽選会をはじめ、子どもたちに人気の仮面ライダーアギトショーなど各種アトラクションも盛りだくさんに繰り広げられる予定です。多彩な催しを満載した商工会ならではの物産展に、みなさんもぜひ足を運んでみてください。

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221

このサイトを広める