アクティブニュース

全てみる

情緒豊かな船流しにかつての伝統をしのぶ(安芸郡江田島町)

[地域に伝わる行事の復活と継承を目指す商工会の新たな取り組み]

地域イベント

なし

 安芸郡江田島町に伝わる伝統行事、管絃祭(船流し)。もともとは厳島神社の神事ですが、かつての管絃祭には江田島からも御供船を仕立て厳島神社に参詣し、子どもたちは麦わらで編んだ船に火をつけて海に流して祭りを祝ったなどと云われ、島にはこれに関連する行事が古くから伝えられてきました。江田島町ではこの伝統にちなむお祭りを15年前に商工会青年部が復活させ、以来毎年の恒例行事として行ってきましたが、このほど商工会が中心となって祭りの継承と地域の活性化を目指し、さらに船流しなどのイベント性を加味して8月5日(日)、江田島小学校で「おかげんさん祭り」を開催することとなりました。

 

 商工会青年部、女性部による売店コーナーや商工会員による各種ブース、一般参加によるフリーマーケットが会場を埋めて祭りを盛り上げ、ステージでは地元商店会主催の大抽選会、クイズ大会などさまざまなアトラクションが催されます。また、地元の子どもたちが地域のお年寄りとともに、この日のために製作した(写真)麦ワラ船を持ち寄って海へと流す船流しも行われ、水面に揺れる麦わら船の情緒豊かな灯にかつての伝統をしのびながら祭りはクライマックスを迎えます。今に甦る伝統行事を、ぜひ皆さんもご覧ください。

 

●お問い合わせ/江田島町商工会 TEL(0823)42-0168

このサイトを広める