アクティブニュース

全てみる

世界遺産の地でフラメンコを披露(佐伯郡宮島町)

[国宝・千畳閣を舞台に国内外のアーティストたちによる演奏会]

地域イベント

なし

 今から400年以上も昔、かの豊臣秀吉が建築に着手した大経堂。秀吉が毎月一度千部経の経読供養に建立し、未完のままに残された佐伯郡宮島町の千畳閣は、桃山建築様式を今に伝える貴重な建築物として国の重要文化財にも指定されています。全面に畳を敷けば857畳もの広大な規模になるといわれるこの千畳閣を舞台に、華麗なフラメンコの舞いを繰り広げる「フラメンコin宮島」が、来る7月20日(祝)に開催されます。

 

 バレイ(踊り手)には廿日市市在住のフラメンコ舞踊家、岩田玲子さんとスペイン在住の舞踊家、AMI(鎌田厚子)さんの2人。本場スペインから唄い手とギター4人のゲストを迎え、パンの笛奏者として全国的に有名な岩田英憲氏が参加します。平成7年の“厳島神社1400年祭”でも岩田さんとAMIさんは共演しており、再び世界遺産の宮島で、今回は「根源」をテーマとした2人の情熱的な舞いが披露されます。入場料5,000円(全席自由)。開場時間午後6時45分、開演午後7時30分(終演予定午後9時)。

 

●お問い合わせ/宮島町観光協会 TEL(0829)44-2011
●お問い合わせ/宮島町商工会 TEL(0829)44-2828

このサイトを広める