アクティブニュース

全てみる

駅前通りが江戸時代へタイムスリップ(豊田郡安芸津町)

[絢爛豪華な大名行列が駅前通りを練り歩く]

地域イベント

なし

 元禄の昔、京都御所改築に功があった三津の木原安右衛門が京都祇園社へ分霊を願い、絢爛豪華な渡御式・大名行列などを故郷へ持ち帰った。その後、地元の若者が京都に出向き、祇園祭の様子を見学するとともに奴行列などを習ったといわれる…。それが豊田郡安芸津町に古くから伝わる「三津祇園祭り」の由来です。同町の三津印内にある素鵞(そが)神社は祇園社ともいわれ、毎年7月中旬に行われる三津祇園祭りの御還幸(大名行列)は、安芸津駅前のお旅所から素鵞神社まで三津の町内を華やかに練り歩くことで有名です。大名行列やなげ奴たちが繰り出して華やかな時代絵巻を繰り広げるこの祇園祭りが今年も、7月14日(土)、15日(日)の両日、駅前通り一帯を舞台に盛大に開催されます。

 

14日の午前10時30分に大名行列が祇園社を出発。翌15日午後3時から3時間かけてお旅所から祇園社までの道のりを賑やかな祭囃子に包まれて練り歩き、還御します。駅前通りは江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気に包まれ、通りを埋め尽くす露店が納涼縁日の気分を盛り上げます。華やかな大名行列が練り歩く安芸津の祇園祭りを楽しみに、みなさんも出かけてみませんか。

 

●お問い合わせ/安芸津町商工会 TEL(0846)45-4141

このサイトを広める