アクティブニュース

全てみる

広島の奥座敷でホタル見物(佐伯郡湯来町)

[湯来温泉ならではの名湯、伝統芸能もお楽しみ]

地域イベント

なし

 佐伯郡湯来町の湯来温泉界隈や町内の一部地域では、毎年6月中旬から7月中旬にかけて、自然繁殖したホタルの飛翔を観賞できます。湯浴みの後に浴衣をまとい、涼やかな川沿いを散策しながらホタル見物。こうした湯来温泉ならではの初夏の楽しみを広くPRすることを目的に開催され、今回で11回目を迎える「湯来温泉ホタルまつり」が今年も7月7日(土)、8日(日)の2日間、湯来温泉街を舞台に盛大に開催されます。

 

 7日午後8時からは湯来西公民館で水内神楽団の上演や凛凛太鼓が披露され、翌8日には平成湯来踊りのお披露目や、子どもたちも楽しめる魚釣り大会や魚のつかみ取り、餅まきなどのプログラムも用意されるなど、期間中は温泉街一帯が祭り一色に染まります。源氏ボタルや平家ボタル、珍種ヒメボタルなどの幻想的なホタルの観賞を楽しみながら、湯来温泉の名湯、伝統芸能を存分にお楽しみください。8日には、先着500名に湯来温泉各旅館での入浴が無料となる入浴券をプレゼントします。なお、ホタルは7月中頃まで観賞できますので、それまでの間にもぜひ、湯来温泉へ足を運んでみてください。

 

●お問い合わせ/湯来温泉ホタルまつり実行委員会 TEL(0829)85-0321(みどり荘)
●お問い合わせ/湯来町商工会 TEL(0829)83-0306

このサイトを広める