アクティブニュース

全てみる

平成13年度商工会青年部リーダーセミナー開催

[全国大会へ向けて若き企業家らが一堂に集結]

セミナー・プロジェクト

なし

 広島県商工会青年部連合会(木村直樹会長)では毎年、部員相互の交流、各商工業の発展に伴う活力ある社会の創出を目指すことなどを目的に、「商工会青年部リーダーセミナー」を開催しています。去る16、17日の両日、来年2月7、8日の2日間広島で開催される第4回商工会青年部全国大会へ向けての決起研修会として、平成13年度のリーダーセミナーが、神石郡三和町のウインズコートホテルにて開催されました。

 

 セミナーでは“結志 全国大会に向けて”をスローガンに研修会を行うとともに、芸北・芸南・県央・備南・備北5ブロックに分かれて、“全国大会へ向けて”と題して広島らしさ、どんな大会にしたいかについてディスカッションし、また“ブロック指針”についてもブロック長を中心に協議を行ない、その報告会などを行いました。県青連にとって今年は、全国大会を控えた大事な年。懇親会の後に木村会長は、「トップに立つ者として責任感の重さを感じる。神経性の胃痛が頻繁で、定期的に漢方薬を飲んでいる」と、セミナーを終えた安堵の表情の中にも人知れぬ苦労をにじませていました。伝統や物産など次世代へ受け継ぐべき広島のすぐれた価値を表現し、誰もが集える参加型の全国大会に。来年の具体的な方向性が新たに示されるなど、実り多いセミナーであったといえるでしょう。

このサイトを広める