アクティブニュース

全てみる

昔ながらの華やかな田植え風景を再現します(山県郡豊平町)

【厚東花田植】

なし

 山県郡豊平町には古くから、花田植えという行事がありました。農村行事のひとつで、かつて共同で田植えをする際に太鼓や笛などの楽器を用いて、田植え歌を歌いながら賑やかに苗を植えました。無病息災や豊作を願う農耕儀礼ですが、重労働の田植え仕事を楽しむための方法でもあったようです。花田植えの起源は中世にまでさかのぼると云われ、町内にある3つの田楽保存会の手によって今に受け継がれています。

 

 豊平町では毎年田植えの季節、厚東田ばやし保存会によってこの田楽が行われています。今年も5月20日(日)、志路原特設会場にて伝統の「厚東花田植」が催されます。飾り牛による代かき、太鼓、小太鼓、笛による囃子方、かすりを着た着物姿の早乙女による田植えなど、豊作を願い華やかな田園絵巻が繰り広げられます。山間の農村に再現される、昔ながらの農耕風景を楽しんでみませんか。神楽の上演もあります。

 

●お問い合わせ/豊平町産業課 TEL(0826)83-1122
●お問い合わせ/豊平町商工会 TEL(0826)83-0036

このサイトを広める