アクティブニュース

全てみる

地域神楽の競演を楽しみに来ませんか(佐伯郡湯来町)

【広島県西部神楽競演大会】

地域イベント

なし

 広島の奥座敷として親しまれているいで湯の里、湯来町。この町には古くから地域芸能として、伝統神楽が受け継がれています。神楽団7社中が地域文化を継承し、各種イベントや地域の祭りで神楽を上演しています。このうち、水内神楽団の上演する「五龍王」は昭和38年4月、広島県無形文化財に指定されています。近年では、水内田楽団、水内中央田楽団が復活し、町の文化財産として人々の期待を集めています。

 

 湯来町では毎年1回、商工会青年部によってこれら郷土芸能の保存と継承を目的に「広島県西部神楽競演大会」が行われています。来る5月13日(日)、湯来町総合体育館で行われる第19回競演大会には、10社中が出演。新旧の舞を披露し、美土里町から横田神楽団が特別参加します。当日は、可部線水内駅から会場まで送迎バスを運行。可部線乗車券の半券を提示の方は、当日券を前売価格で購入できます。前売券大人2,000円・小人800円、当日券大人2,500円・小人1,000円。午前9時開場、午前10時開演。

 

●お問い合わせ/湯来町商工会 TEL(0829)83-0306

このサイトを広める