アクティブニュース

全てみる

全国展開支援事業が本格始動(呉広域商工会)

[県内屈指の観光地「御手洗」を景観・人・歴史を作品に見立てたミュージアムに]

セミナー・プロジェクト

呉広域 商工会

01 呉広域商工会の『豊町御手洗地区ミュージアム構想実現プロジェクト』が平成28年度小規模事業者地域力活用新事業 全国展開支援事業(調査研究事業)に認定されました。

 

 御手洗地区は江戸時代に港町として栄え、歴史的な街並みや景観が残る県内有数の観光地です。そこで、街の観光資源を掘り起しインバウンド強化のために外部からの評価確認と先進地を調査研究してミュージアム構想の立案を実施します。

 

 9月2日には安芸灘交流館(呉市豊町大長5915-3)にて、「第2回豊町御手洗地区 ミュージアム構想実現プロジェクト委員会」が開催されました。委員会には24名の委員が参加し、意見交換や調査・研究状況などの報告が行われました。

 

 今回の委員会には外国人グループの構想に係る評価・討論を行うため外国人委員4名も参加。今後の御手洗のために何ができるか、何を行うべきかを他の委員に対して提案しました。メンバーは外国人から見た御手洗の未来について、興味深く聞き入っていました。また質疑応答では積極的に質問を投げかけていました。

 

 次回の第3回の委員会は10月に開催します。先進地事例調査のために兵庫県の篠山を中核委員で調査し、報告を行う予定です。

 

 この事業では、御手洗の街並み全体を博物館(ミュージアム)に見立て、街並み、施設、人、歴史、文化、自然などを作品ととらえ、それらを育成・展示し、継続・展開させるためのアクションを地域全体で起こすことを目指しています。特に、残されている歴史的な観光資源を磨き、見せ方や伝え方を工夫しつつ、外貨の獲得や再投資の仕組みを構築しながら保存を図ります。また、長期ビジョンに関連する事業体や地域住民は街をより深く理解し、訪問者や次世代に伝える主体的活動を行っていきます。

 

⚫お問合せ 呉広域商工会 TEL/0823-70-5660

このサイトを広める