アクティブニュース

全てみる

呉市川尻産の青パパイヤを使った新商品が登場!(呉広域商工会)

[川尻町の新しい特産品として注目される青パパイヤで新商品を開発。販売がスタート]

事業所・店舗紹介

呉広域 商工会

できる限り有機肥料で、丁寧に青パパイヤを育てている倉田雅美さん。

できる限り有機肥料で、丁寧に青パパイヤを育てている倉田雅美さん。

 呉市川尻町にあるMASAMIファームでは、昨年から野呂山の麓にある約100坪の土地で青パパイヤの栽培を始めました。8月から10月末にかけて実がなり、昨年は31本の苗から約1トンと収穫。野呂山から引いてきたキレイな水と温暖な気候に育まれた青パパイヤは、生でよし、炒めてよし、煮てよしの万能食材です。また、タンパク質・脂質を分解する“パパイン酵素”を含有。体に良い食材としても人気を集めています。

 

 昨年収穫した実のうち、600kgは福山市の業者に委託して、皮ごと乾燥してパウダー状に加工。今年、「青パパイヤパウダー」として商品化しました。コーヒーに入れると、ほのかな甘みをプラスしてまろやかな風味へと変化します。味噌汁に入れたり、スープに入れたり、クセがないのでどんな料理とも相性抜群。手間なく、青パパイヤの栄養を摂取できる優れモノです。また、青パパイヤの葉を使った「青パパイヤ茶」も登場。低温焙煎にこだわり、お茶の風味を最大限に引き出しています。

 

青パパイヤ茶葉(20g 参考価格880円)と青パパイヤパウダー(50g 参考価格2000円)。青果は600円~。 ※すべて税抜き価格

青パパイヤ茶葉(20g 参考価格880円)と青パパイヤパウダー(50g 参考価格2000円)。青果は600円~。 ※すべて税抜き価格

 今年は苗も35本に増え、8月から収穫が始まりました。青果や加工品はファームのほか、エブリイ黒瀬店(東広島市黒瀬町菅田387)や笹兵衛本通り4丁目店(呉市中通4-7-15)、笹兵衛焼山店(呉市焼山桜ヶ丘1-3-5)で購入できます。

 

 呉広域商工会では、新商品のPRのためのプレスリリース作成をサポート。今後は、販路開拓などで支援を行っていく予定です。

 

 青果の場合、下ごしらえはとっても簡単。真ん中からカットして、スプーンで種の部分を取り除き、ピーラーで皮をむきます。好みの大きさにカットして10分ほど水にさらしてあく抜きするだけ。そのまま食べれば、シャリシャリとした食感が楽しいサラダに。お肉と炒めたり焼いたりすると、肉質も驚くほど柔らかくなるそうです。

 

 「青パパイヤが気軽に食卓に並ぶような身近な食材になってくれたら嬉しい」と代表の倉田雅美さん。川尻町の新しい特産品“呉産青パパイヤ”をぜひ一度、お試しください。

 

○MASAMIファーム

住所/呉市川尻町森1-5-34

電話/080-3874-9535

このサイトを広める