アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-世羅茶再生部会(世羅町商工会)

[世羅茶の完全復活を目指し、茶葉の育成から生産加工、商品化までを一手に担う頼もしい5人組]

事業所・店舗紹介

世羅町 商工会

少しずつ昔懐かしい茶園の風景がよみがえっています。

少しずつ昔懐かしい茶園の風景がよみがえっています。

 世羅町では昭和初期300トン余りのお茶を生産し、関東に出荷していました。県内では「世羅茶」として人気を集め、平成の始め頃まで生産されていましたが、近年では農家の高齢化により放置された茶園が目立っています。

 

 このままでは衰退の一途をたどる世羅茶をなんとか再生させたいと立ち上がったのが、有志5人で構成される『世羅茶再生部会』。歴史ある世羅茶を絶やさないため、新たな取り組みでよみがえらせようと奮闘しています。

 

 同会は4年前から茶葉の育成と生産加工、商品化を開始。瀬戸内海の海藻やカキ殻などを肥料に取り入れ、ミネラルや塩分を含んだ美味しいお茶を生産しています。また、農薬や化学肥料は一切不使用。安心・安全なお茶づくりに取り組んでいます。

 

 煎茶や緑茶のほか、すっきりとしたまろやかな風味が楽しめる世羅紅茶や、カフェイン、タンニンが少ない春番茶など、その種類も豊富。三原市大和町の名産ハト麦とのコラボなど、新たな商品開発も次々と手掛けています。

 

水出しした春摘み番茶にミントを入れたハーブティー(手前)と春摘み番茶(奥側)。

水出しした春摘み番茶にミントを入れたハーブティー(手前)と春摘み番茶(奥側)。

 贈答用パッケージのデザインは、世羅町商工会のサポートを受けて採択された小規模事業者持続化補助金を活用しました。また、7商工会合同で開催している「ひろしま物産展」への参加を機に、5月9日(月)から6月30日(木)まで小谷サービスエリア(上り線)で開催される『新茶フェア』への出展も決まっています。

 

 今後は、生産者との繋がりを深め、世羅茶をブランド化する事と茶を育て加工して楽しむ事ができる場所作りを提供したいと思います。

 世羅茶はフェア開催中の小谷サービスエリアのほか、世羅町内の産直市などで購入できます。復活した懐かしくて新しい世羅茶の味をお楽しみください。

 

  • お問い合わせ先/TEL 0847-22-2043(世羅茶再生部会)
このサイトを広める