アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-ムツワ味工株式会社(三原臨空商工会)

[新鮮な地元野菜を使い、昔ながらの手作業で作られる逸品]

事業所・店舗紹介

三原臨空 商工会

看板商品の広島菜漬(400g詰500円)。大根ままかりはさみ漬(1本1000円)も人気。

看板商品の広島菜漬(400g詰500円)。大根ままかりはさみ漬(1本1000円)も人気

 ムツワ味工(株)は、昭和49年創業の漬物専門製造会社。浅漬けや醤油漬けなど、昔ながらの製法で作る約20種類の漬物を製造・販売しています。使用する野菜は地元産のみ。自家栽培の野菜と契約農家から仕入れる新鮮な野菜を使い、じっくりと漬け込んだ美味しい漬物を提供しています。

 

 代表取締役の古川公二さんは、高校卒業後に東京の大手漬物会社に就職。製造や営業を10年間経験し、地元大和町で漬物製造会社を創業しました。「ここは水と空気がキレイで美味しい野菜も採れる。漬物を作るには最高の場所です」と話します。

 

 漬物作りで最も難しいのが、味を統一させること。同じ材料でも、栽培された場所や土壌によって、野菜の個性が異なります。味を統一させるためには、最初に行う塩振りが大切。職人でもある古川さんは、長年培ってきた経験から絶妙のあんばいで塩を振ります。その他、おもりの重さや漬け込む時間なども野菜の種類や季節、気温などの条件に合わせて微調整し、人の手によって同じ

味に統一していくのです。

 

漬物づくりは、そのほとんどが手作業で行われています

漬物づくりは、そのほとんどが手作業で行われています

 そのため、機械化が難しく、今でも昔ながらの手作りで漬物を製造しています。丹精込めて作られた漬物は、三原臨空商工会のインターネットショッピングサイト「ひろしまど真ん中市場」で発売中。県外のリピーターも多い人気商品です。その他、ひろしま夢ぷらざ(中区本通8-28)で、月2会店頭販売を実施。県内各地で開催されるグルメイベントにも積極的に参加しています。キレイな水と空気、そして職人技から生まれる自慢の漬物を、ぜひ一度ご賞味ください。

 

○ムツワ味工株式会社

住所/三原市大和町福田1937

電話/0847-33-0238

このサイトを広める