アクティブニュース

全てみる

ひろしま物産展出店企業紹介-株式会社 中國開發(上下町商工会)

[パリッとジューシー! 人気のブランド豚『神石高原ポーク』の手作りソーセージ]

地域イベント

上下町 商工会

元気で明るい伊藤ゆり子さん。店の看板娘です。

元気で明るい伊藤ゆり子さん。店の看板娘です

 世羅町商工会、沼隈内海商工会、神辺町商工会、上下町商工会、呉広域商工会、江田島市商工会、福山北商工会、三原臨空商工会の会員事業所が選りすぐりの商品を出品する『いいもの発見! ひろしま物産展』の開催が決定しました。日程は2016年3月19日(土)から21日(祝)の3日間。今回は物産展に出店する会員事業所とその商品にスポットを当ててご紹介します。

 

 鮮やかなオレンジの移動販売車で、手塩にかけて育てた神石高原ポークのソーセージやピザを販売している株式会社中國開發は、主に建設業や林業、運送業、リサイクル業などを手掛けている会社です。事業の中で大量に発生する木材チップを何かに再利用できないかと、平成23年に『神石エコファーム』を立ち上げ、養豚業をスタートしました。

ハーブや香辛料を加えた自家製ソーセージ。その濃厚なうま味とジューシーさに驚かされます

ハーブや香辛料を加えた自家製ソーセージ。その濃厚なうま味とジューシーさに驚かされます

 養豚業開始のきっかけとなった木材チップは、豚舎の敷床にたっぷりと使用しました。約1mの深さまで敷き詰めることで有用微生物の“EM菌”が働き、豚の排泄物などを自然分解。臭いが少なく快適な環境を保つことができます。1頭あたりの広さは、通常の養豚場の3~4倍と広々。ストレスの少ない環境で約800頭がのびのびと飼育されています。また、与えているのは余剰食品に黒麹菌と水を混ぜ合わせて発酵させた、甘酒のような飼料。黒麹の発酵過程で大量のクエン酸が生成され、このクエン酸の効果により上質な肉質を実現しています。こだわりの豚舎と飼料で育った『神石高原ポーク』は、心地よい歯応えと柔らかな食感、さっぱりとしつつ濃厚なうま味が魅力。今、注目のブランド豚です。

 

 移動販売車で売られているのは、この神石高原ポーク100%の手作りソーセージ(1本280円、サービスエリア限定3本セット800円)。パリッと香ばしく、ジューシーな味わいに思わず笑みがこぼれます。1日最高1000本を売り上げた、超ヒットグルメをぜひ一度ご堪能ください。

 

 

 神石高原ポークのソーセージは、3月19日~21日(祝)の3日間、小谷サービスエリアの下り線に登場します。

このサイトを広める