アクティブニュース

全てみる

お店紹介-オートフォーラム(福山北商工会)

[障がいのある方々にも、自分で運転して出かける楽しさを伝えたい]

事業所・店舗紹介

福山北 商工会

「機能だけでなく楽しさも提供していきたいです」とオートフォーラム代表取締役の小林勇さん。

「機能だけでなく楽しさも提供していきたいです」とオートフォーラム代表取締役の小林勇さん

 福祉車両というと、どんな車を思い浮かべますか? 後部座席部分が広くなっていて、車いすごと乗り込めるような車を想像する人も多いのではないでしょうか。福山市にある『オートフォーラム』は、福祉車両専門のオートショップですが、ちょっと様子が違います。ここでは一般販売されている既存車を、障がいがある方でも運転できるようにカスタマイズし、一人ひとりに合ったオリジナルの福祉車両を整備・販売しています。

 

 「これまで福祉車両というと、高齢者で身体の不自由な方が利用するイメージが強いものでした。しかし現実は、若くして病気や事故などで身体が不自由になった方も多くいます。そうした方々が、『もう一度車を運転して自由に外出したい!』という願いを叶えるお手伝いをしています」と代表取締役の小林勇さん。

 

 

 

 

 小林さんが手掛ける福祉車両は、一般的に販売されている車に、乗る人が必要な装備を付け加えてカスタマイズしたもの。レバーの位置一つとっても、ミリ単位で調整されていて、同じものはありません。「これまで、自分にはもう運転できないと思っていた人の笑顔や元気を取り戻すお手伝いができたら嬉しいです」

 

01 今回モデルに起用された喜納翼(きな つばさ)さん。

今回モデルに起用された喜納翼(きな つばさ)さん

 こうした取り組みをもっと全国に向けてPRしようと、この夏ホームページのリニューアルがスタートしました。撮影には、同社がカスタマイズしたフォルクスワーゲンのビートルが登場。「海外には福祉車両というカテゴリーはありません。自分に合った機能を、お客様自身がオーダーするのが一般的。私たちが手掛ける福祉車両も同じです」

製品はスウェーデンやイタリアのものを使用。また、自分自身で運転して出かける楽しさを伝えるため、モデルは若い女性を沖縄から招きました。

 

 

  撮影は、宮島や鞆の浦、しまなみ海道などの名所で行われ、広島県のPRにも一役買っています。今回の撮影は、福山北商工会のサポートを受けて採択された、小規模事業者持続化補助金を活用しています。

 

 ホームページは9月末頃完成予定。様々な可能性を秘めた福祉車両と、その魅力をぜひ一度ご覧ください!

 

車には翼さんに合わせた様々な装備を設置。車いすを電動で持ち上げ後部座席に運ぶ装置も付いています

車には翼さんに合わせた様々な装備を設置。車いすを電動で持ち上げ後部座席に運ぶ装置も付いています

 

 

○オートフォーラム

住所/福山市神辺町川南337-8

電話/(084)963-2212  担当/小林 勇

営業時間/9:00~19:00

定休日/祝日、年末年始

ホームページ/http:www.autoforum.jp

メールアドレス/forum@wing.ocn.ne.jp

このサイトを広める