アクティブニュース

全てみる

お店紹介-とびしま柑橘工房(呉広域商工会)

[レモンを使った商品充実の『とびしま柑橘工房.cafe』2号店が呉市中心部にオープン]

事業所・店舗紹介

呉広域 商工会

店内には看板商品の『れもんげ』をはじめ、柑橘を使った人気商品がずらりと並びます。

店内には看板商品の『れもんげ』をはじめ、柑橘を使った人気商品がずらりと並びます

 呉広域商工会が中心となって、地元食品メーカーや柑橘農家が集う『とびしま柑橘倶楽部』が手掛ける『とびしま柑橘工房.cafe』の2号店がオープンしました。場所は呉中心部にあるビューポートくれの1階。地元の農家が生産した柑橘を多彩に加工したオリジナル商品が並びます。またカフェコーナーでは、人気のレモネードをはじめとしたドリンクの他、軽食も楽しめます。

 

 

 

 

 

イタリアンレストラン「スペランツァ」で開催された『とびしまフードミーティング』。これだけのシェフが一同に集うのはとても珍しいことです。

イタリアンレストラン「スペランツァ」で開催された『とびしまフードミーティング』  これだけのシェフが一同に集うのはとても珍しいことです

 とびしま柑橘倶楽部は、3年前の設立以来、様々な加工品を開発して商品化。とびしま海道で収穫された柑橘の余剰資源に新たな付加価値を付けて、地域の活性化に貢献してきました。また、柑橘をPRするイベントも活発に開催しています。昨年、広島市内のレストラン「スペランツァ」で開催した『とびしまフードミーティング』では、フレンチ、イタリアン、中華などのシェフが集合し、レモンを使ったオリジナルメニューを披露しました。招かれたのは、マスコミや料理教室講師、フードコーディネーターなど。レモンの幅広い使用例を提供し、その活用法を知ってもらうのが狙いです。その他、2013年から呉市内で開催されている「レモン祭り」や東京のアンテナショップ「TAU」への出店、展示会への参加など、首都圏を中心に積極的なPR活動を行っています。

 

明治31年から続くレモン栽培。山間に広がる柑橘の畑は、瀬戸内ならでは光景です。

明治31年から続くレモン栽培。山間に広がる柑橘の畑は、瀬戸内ならでは光景です

 今後も新たな商品開発を続けていく予定。「クネンボやケラジなど、とびしま海道で栽培されているのに知られていない柑橘はまだまだあります。こうしたものも商品化に繋げて、農家さんの誇りにしたい」と代表の秦さんは語ります。

 

 さらに、とびしま柑橘倶楽部は、呉広域商工会のサポートを受けて、今年初めて募集があった、ふるさと名物開発等支援事業の採択を受け、新しい事業にも取り組んでいます。事業名は『広島産レモンを活用した商品開発及び体験型観光の創出事業』。今後はこれまでの事業に加え、レモンをめざして呉市を訪れてもらえるような観光ルートの開発など、都市圏からの観光誘客をめざします。

 

○とびしま柑橘工房.cafe

住所/呉市中通1-1-2 ビューポートくれ1F

電話/(0823)21-0601

営業時間/10:00~19:00

定休日/火曜

このサイトを広める