アクティブニュース

全てみる

わがまちの元気印-帝釈峡山荘

築100余年の古民家貸切の田舎体験、釣り堀や焼き肉などが楽しめる穴場スポット

事業所・店舗紹介

神石高原 商工会

動画で見る

わがまちの元気印-帝釈峡山荘

▲夫婦二人三脚で帝釈峡山荘を運営する岡本哲也さんと、奥さんの昌江さん。

 

 

国の特別名勝で、“日本5大名峡”の一つにも数えられる国定公園帝釈峡。庄原市東城町と神石高原町にまたがる全長18kmの渓谷で、県内有数の景勝地として知られ、毎年多くの観光客が訪れています。渓谷の上流域が上帝釈、下流域が下帝釈と呼ばれ、上帝釈エリアの一角に知る人ぞ知る秘境の穴場スポットがあり、密かな人気を呼んでいます。

 

帝釈峡スコラ高原からほど近い場所にある一軒の古民家。周囲をぐるりと山に取り囲まれた中に、素朴なたたずまいを見せる“帝釈峡山荘”。築100余年の古民家の良さをそのまま生かした簡易宿泊施設です。古民家はどこか懐かしさを感じさせる趣で訪れる人の心を癒し、秋色の木々に彩られ、穏やかな日差しが注ぐ庭の中に身を置くと、古き良き日本の里山にいることを実感し、しばし時間の流れを忘れることができます。

 

この山荘のオーナーは神石高原商工会の兼定吉輝会長。現在、兼定会長の娘婿にあたる岡本哲也さん、奥さんの昌江さんが二人三脚で山荘を運営。日々の接客に励んでいます。しばらく休眠状態となっていた施設の運営を持ち掛けられた岡本さん夫妻の手により、山荘が簡易宿泊施設として新たなスタートを切ったのは今から2年半前のこと。

 

この山荘が秘境の穴場スポットと呼ばれる由縁は、観光名所として名高い帝釈峡のそばにありながら、「ここに古民家があることを知らない地元の人も多く、中には驚く人もいる」と昌江さん。これまで施設の維持管理を中心に業務を行ってきたため、「PRが足りていなかった」と反省気味に岡本さん。今は夫婦2人で足並みを揃え、「自然の中で心身をリセットできる場」「誰もが安心して心地よく過ごせる空間」の実現を目指し、日々奮闘を続けています。

 

他県で料理店を経営していた岡本さんは当初、「ここで割烹料理店を開こう」と考えました。ただ、古民家に併設された釣り堀などの施設を無駄にしたくない、との思いもあり、「日常生活の中で自然とふれあう機会が少なくなった都市部の人たち、特に子どもたちに里山の良さを知ってもらい、かけがえのない思い出を作ってもらいたい」と発想を転換。特別な田舎体験ができる宿泊施設を運営することにしました。古民家のほか、釣り堀や焼き肉のできるテラスがあり、豊かな自然を満喫しながら家族で釣りを楽しんだり、里山のおいしい空気とともに仲間同士で焼き肉に舌鼓を打ったりすることもできます。

 

1日昼夜各1組限定の古民家の母屋には、大広間や囲炉裏の間、2段ベッドがある宿泊の間など5つの部屋。広々とした母屋を貸し切りにできるので、家族やグループで気兼ねなく絶好のロケーションを楽しみながら、のんびりとした田舎時間を過ごせるのが魅力です。ハーブの香り漂う薬湯が評判の“帝釈の湯”が車ですぐの場所にあり、ゆったりとした温浴体験も満喫できます。食事は、予算や希望に応じてオーダーメイドの料理を用意することが可能。要望があれば宿泊客に合わせた料理を提供し、帝釈峡の食材の魅力を伝えることは岡本さんの楽しみの一つです。

 

目の前にある釣り堀には、清らかな湧き水で育ったニジマスが群れ、誰でも手軽に釣り堀体験ができます。釣り上げたばかりの魚をその場で焼いて食べられるのも、山荘ならではの醍醐味。内臓の処理、魚の串打ちや焼き入れなど、料理人の岡本さんがプロのひと手間を加えて、新鮮な魚をおいしく調理。自分で釣った魚をテラスの炭火焼コーナーで味わえば、味も雰囲気もいっそう格別です。夏になれば豊富な湧き水を使った流しそうめんもできるなど、山荘での食の楽しみは多彩です。

 

岡本さんは今、庭先で簡単な家庭菜園に取り組んでいて、ゆくゆくは野菜の収穫体験などもメニューに取り入れてみたい考え。さらに、「宝くじが当たれば」の前置き話として、「周囲の谷全体を整備して、乗馬体験などができるようになれば楽しそう」と、将来の夢を大きく描きます。

 

山荘周辺の自然は春夏秋冬いつ訪れても多彩な表情で訪れる人を迎え、季節ごとの美しい景観とともに、四季によって異なる風情や情緒が堪能できます。周囲には、“世界3大天然橋”の一つ、雄橋、帝釈川の最上部に立つ古刹、帝釈天永明寺、帝釈峡の石灰岩洞、白雲洞、地元の歴史・民俗資料を展示した帝釈峡まほろばの里などの見所に加え、帝釈峡スコラ高原や神龍湖といったレジャー施設、観光名所が満載。田舎体験はもちろんのこと、旅や観光の拠点にも最適な帝釈峡山荘。みなさんも一度、出掛けてみませんか。

 

帝釈峡山荘
住所/広島県庄原市東城町帝釈末渡1819
定休日/不定(お越しの際はお問い合わせください)
宿泊/素泊まり4人から。1人2,000円。

 

●お問い合わせ/帝釈峡山荘 TEL(08477)6-0268
●お問い合わせ/神石高原商工会 TEL(0847)89-0001

このサイトを広める