アクティブニュース

全てみる

インターネットを活用して仏壇の販路拡大

仏壇店が全国でも珍しいインターネットショップを開設

事業所・店舗紹介

広島東 商工会

動画で見る

インターネットを活用して仏壇の販路拡大

▲ネットなら仏壇・仏具の情報を気軽に入手できます。

 

安芸区で2代にわたって続く仏壇店「もりきよ」。仏壇を購入する人、修理する人は必ずいるので決して市場がゼロになってしまうことはありませんが、仏具市場も右肩上がりの状況ではありません。厳しい状況が続く中、「時代とともにお客様のニーズや販売経路が変化している」と考えた取締役専務の森清泰年さんは、今年1月、仏壇仏具のインターネットショップを開設しました。

 

一見ミスマッチに見える仏壇とネットの組み合わせは、全国的にも珍しい事例。ネット市場は価格が勝負の決め手になるため、9800円から購入できるコンパクトな仏壇を中心に販売しています。このネット販売には収益を上げるためだけでなく、もうひとつの理由がありました。「購入する前にネット利用して価格や形状を調べるのが当たり前の時代。しかし、仏壇・仏具は商品の特性上専門的な知識が必要なので、購入場所はそのほとんどが店頭になります。つまり、『来店につなげること』が大きな目的なのです」と森清さん。サイトは、入りづらい印象のある仏壇店のイメージを一新し、来店のきっかけづくりを担っているのです。

 

まったく違う業種で働いていた森清さんが家業を継ぐために広島に帰郷したのは18年前のこと。仲間もおらず相談するところもないないことに不安を感じ、知り合いの紹介で商工会青年部に入りました。「年の近い先輩や仲間が多く、勉強になることがとても多かった。青年部に入っていなかったら壁にぶち当たった時に解決策がみつからず、サラリーマンになっていたかも」と振り返ります。「若い経営者はぜひ青年部に入ってほしい。積極的に参加すれば必ずメリットがあります」。その頃培った人脈や経営哲学は、今も仕事にも活かされているそうです。

 

現在は新しい事業に向け、経営革新計画の承認を目指して商工会と連携しています。厳しい業界の中で生き残るため「自分の食いぶちは自分で作る」というスタンスを貫く森清さん。次はどんな方法で驚かせてくれるのか楽しみです。

 

●お問い合わせ/広島東商工会 TEL(082)892-0873

 

もりきよのホームページはこちら

このサイトを広める