アクティブニュース

全てみる

総勢240名が熱いレースを展開!(呉市倉橋町)

万葉のふるさとを舞台に繰り広げられるアクアスロンレースを観戦しよう

地域イベント

なし

白砂青松の桂浜を舞台に熱戦がスタート!
「2005アクアスロンくらはし大会」

今年で6回目を迎え、倉橋の夏を彩るスポーツ大会としてすっかり定着した「アクアスロンくらはし大会」が、7月10日(日)桂浜周辺で開催されます。アクアスロンとはスイム(水泳)とラン(ランニング)の2種目を1人の選手が連続して行うもので、鉄人レース(トライアスロン)の入門編として近年人気がぐんぐん高まっている競技。2000年のシドニー大会からオリンピックの正式種目となったトライアスロンの普及と地域の振興を目的として行われる本大会には市内外から総勢240名がエントリーし、以下の5部門で熱戦が繰り広げられます。
□Aタイプ※一般~スイム2.4km・ラン18km(スイム制限時間75分)
□Bタイプ※初心者・高校生~スイム1.0km・ラン8km(スイム制限時間45分)
□A・Bリレーの部(2名1組・男女別)
□Cタイプ※中学生~スイム0.3km・ラン3km
□Dタイプ※小学生~スイム0.1km・ラン1km

桂浜海水浴場を起点に、スタート時刻はAタイプ9時、Bタイプ10時30分、Cタイプ11時30分、Dタイプ12時。9日(土)には宿泊所となる須川小学校で前夜祭も企画されており、大会実行委員会や倉橋町商工会をはじめ、地域住民らが一丸となって大会を盛り上げます。体力の極限に挑戦するレースだけに、応援する側も大興奮!レース観戦を機に、アクアスロンやトライアスロンを始める人も少なくありません。ぜひ、この週末は倉橋を訪れ「生」の感動を味わってください。

■お問い合わせ/アクアスロンくらはし実行委員会 TEL(0823)-50-1003
<2005-07-2-B>

このサイトを広める