アクティブニュース

全てみる

事業所紹介-木曽サイクル(尾道しまなみ商工会)

[新しいことにチャレンジし続ける、創業70年のサイクルショップ]

事業所・店舗紹介

尾道しまなみ 商工会

左から2代目の木曽研二さんと奥様の明恵さん、お話をうかがった智子さん

 昭和26年創業。「木曽サイクル」は、創業以来バイクや自転車の販売、修理、メンテナンスを行い地域に寄り添ってきたサイクルショップです。最近は、子育て世代や若い人へのPR方法として、SNSでの情報発信やワークショップの開催、地域のイベント参加にも力を入れています。

 

 SNSでの発信を担当しているのは木曽智子さん。「私も子育てをしている立場として、自転車の特徴や魅力、選ぶ時のポイントなど、子育て中の親御さんと同じ目線でお知らせしています。この店でどんな人が働いていてどんな雰囲気なのかも知ってもらいたい。お店自体に親しみや興味を持ってもらえる投稿になるように心がけています」と話します。

 

 今年5月には、お店の老朽化したシャッターに子どもたちが海の生き物を描くイベントを開催。約120人が参加して、思い思いの絵を描きました。シャッター上部分には向島町在住のアーティストchi.waga さんが仕上げのアートを制作。カラフルで賑やかなシャッターが完成し、地域の人やサイクリストを楽しませています。「瀬戸内の海とともに生きる子どもたちの明るい未来が守られるようKeep our island cleanにご協力くださいという願いを込めました」と智子さん。今後は地域向けにレンタル事業をスタートさせるなど、新しいことにもどんどんチャンレンジしていく予定です。

 

シャッターにはカラフルで自由な海の生き物がいっぱい

 智子さんは、「観光やサイクリスト向けの自転車屋が増える一方、昔ながらの自転車店は廃業せざるを得ないところも少なくありません。それでも、お店には、出先でパンクし、困った高齢のお客様から『助けてほしい』と電話が入ります。地域に密着した自転車店はやっぱり必要とされているのだなと感じています。他店と対抗するのではなく、しっかり棲み分けをすることで協力体制も築けるかもしれない。自分たちにしかできない地域に密着したサービスや、一般家庭でも手の届くような価格帯、且つオシャレで機能的な自転車を入荷するなどして差別化を図っていきたい」と話してくれました。

 

 いざという時に頼れるお店、お値段もデザインもこだわった一台に出合えるお店。未来を見据えて様々な挑戦を続けるサイクルショップのこれからが楽しみです!

 

○木曽サイクル

住所/尾道市向島町232-28

TEL/0848-44-1646

営業時間/8:00~19:00

休み/日曜・祝日